年金とうまく付き合おう!年金を補填(ほてん)するアパート経営

若ければ若いほど、年金について興味が薄い方が多いでしょう。しかし、年金には節税効果を期待できるタイプもありますので、そのような年金の知識を人生の早い段階で得ることはメリットが大きいです。また、アパート経営のような安定した収入を手に入れる人生設計も考える価値があります。

サラリーマン大家なら確定拠出年金で節税

確定拠出年金という言葉について聞くことはあるかもしれませんが、馴染みが薄いと思います。確定拠出年金には個人型と企業型があります。企業型の確定拠出年金は、会社が掛け金を支払いますが、加入者も所定の範囲内で掛け金を支払うことができます。年金を上乗せしてもらうために、自発的に支払うのです。企業型確定拠出年金にはメリットが3つあります。

1.掛け金が全額所得控除
掛け金分の金額が所得から引かれますので、総所得が減ります。そうなると、所得税と住民税が軽減することになります。サラリーマン大家にとって頭を悩ますのが、給与所得と不動産所得が合算することによる税金の支払いです。確定拠出年金を掛けることにより効果的な節税となります。

2.受け取るときも税制の優遇がある
退職一時金として受け取る場合は退職所得控除、年金で受け取る場合には公的年金等控除が適用されるというメリットがあります。

3.利息や運用益は非課税
一般的には金融商品から発生する利息や運用益には税金が約20%かかります。しかし、確定拠出年金には税金がかかりません。(年金資産に対して特別法人税が1.173%課税されますが、1999年以降は課税停止中です。)

老後はアパート経営で私的年金を得よう

私的年金には、先ほどご紹介した確定拠出年金のほかに、確定給付企業年金などがあります。公的年金に上乗せして給付されるものです。高齢期に、より豊かな生活を送るための制度です。アパート経営も、より豊かな生活を送るために、安定した収入源を得ることを目的としています。そこで、老後の資産形成を目的としたときのアパート経営のポイントをお伝えします。それは、老後にアパート経営をするのではなく、できる限り早い段階でアパートを1棟購入することです。不動産投資して運用益で収入をふやすには、ある程度時間が必要です。現役サラリーマンであれば給与所得という安定した収入源があり、不動産による収入をあげるまでの期間にも余裕をもつことができます。そして、私的年金のように、老後にはアパート経営の運用益を安定した収入源として、豊かな生活を送ることを目指しましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787