アパート経営を勉強したい!どう進めればよい?

アパート経営を勉強するとき、正しい情報を継続して自分のものとする進め方がセオリーです。そのためにおすすめなのが、経営に役立つ資格を勉強しながら実務に役立つ知識を得るというやり方です。今回は、資格と情報取得についての具体的な話をお伝えしていきます。

持っておくと役に立つ資格

アパート経営で役立つ資格は多数ありますが、次の3つが特におすすめです。
1.宅地建物取引士
2.賃貸不動産経営管理士
3.FP(ファイナンシャルプランナー)

1.宅地建物取引士
不動産の資格といえばこの資格を思い浮かべる方が多いでしょう。宅地建物取引士は不動産全般の知識が要求される資格です。難易度も年々上がっています。
この資格を保有しておくと、不動産の知識習得だけでなく取引相手や仲介会社に対して交渉が有利となりやすいです。ただし、試験内容はアパート経営に直結するような内容とは異なります。

2.賃貸不動産経営管理士
宅地建物取引士に比べると知名度は低いです。しかし、アパート経営などの賃貸をするうえで必要な、契約面の知識が身につきます。管理会社と話をする場合におおいに役立つ資格です。

3.FP(ファイナンシャルプランナー)
ローンを組む場合や返済計画、収支計画などを苦労せずに計算できるようになります。特に、金融機関と話を進めるときや事業計画書を作成する場面で役に立ちます。また、不動産所得以外の給与所得などを合算した、お金の人生設計を考える場合に、大きな視点から計画を立てることができるでしょう。

アパート経営の会社に相談して自分に合った情報を得る

実際に役に立つ知識や情報を得るためには、インターネットを毎日のように長時間閲覧してもあまり効果は期待できません。では、どうすればよいかというと「自分が手に入れたいアパートエリアでアパートを販売している会社に相談すること」です。相談をすると、見込み客ですので、人気のあるエリアや間取り、これから人気の出るエリアなどの情報を聞くことができます。ただし、漠然とした相談では相手も情報を提供しにくいです。

・予算額
・利回り
・新築なのか中古なのか
・長期保有か短期保有か
という点を決めて、相談に行きましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787