アパート経営の成功者はやっている!空室期間をなくすコツ!

もともと人気のあるエリアでアパート数が少なければ、苦労せずとも満室になる可能性はあります。しかし、そのほかのアパートにおいては空室にならないための努力が必要です。今回は、いかに空室を減らすか、アパート経営におけるコツを考えていきましょう。

なぜ空室になるのか

アパート経営における空室対策のコツを考える前に、まずはなぜ空室になるのか考えてみてください。

1.建物の老朽化
アパートといった建築物はすべて時を経るごとに劣化していきます。定期的な修繕や塗装、リフォームなどを行い一定のメンテナンスはできますが、築30年も経過してしまうと空室率に影響を与えてしまいます。

2.人気のないエリア
自分が入居者になったと考えたらイメージしやすいと思いますが、交通アクセス、商業施設や病院、銀行など生活に必要な環境を望む方が多いでしょう。しかし、経営者としてありがたい土地が安いエリアは、入居者にとって不便なケースが多く、空室になりやすいです。

3.経営努力をしないオーナーのアパート
アパート経営は、入居者というお客さんに家賃をもらうことで経営が成り立ちます。そのためにはさまざまな経営努力が必要です。例えば、定期的な清掃、クレームや要望への対応、外観をよくするための数年に1度の塗装などがあります。
このような努力を面倒だと考えて何もしないでいると、退去する方が増えることにつながるので空室となります。

このなかで、1、2については自分の力で変えていくというのは難しいです。しかし、3については自分の努力次第ですので空室対策のコツとして覚えておきましょう。

空室対策、それは満室維持の努めである!

空室対策を言い換えると、「満室にするためにはどうすればよいか?」、「満室を継続するためにすべきことは何か?」と言えます。
満室にするためには、空室が決まった時点で迅速に入居者募集をスタートさせることです。
また、現在満室の場合は入居者が不満に思う要素がないかを確認するためにアパートへ足を運んでください。そして、自分が住んでいると仮定して不満に思う部分を探しましょう。
また、家賃が遅れがちの入居者がいた場合は、金銭的な問題だけでなく、部屋の満足度が低いと感じていることもあります。管理会社の担当者を通じて不満に感じることを聞き出してもらうことも大切です。

空室対策は空室を埋めるという消極的な考えではなく、満室を維持するために必要な対策という認識を持ちましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787