具体的に解説!「譲渡」や「相続」など、それぞれどのように違う?

不動産の所有権が移転する理由として、売買や相続などがあります。これらは似た行為ではありますが、その名目によって内容が異なります。また、実体と違うような所有権移転取引をしてしまうと後で問題となりかねませんので、用語についてはきちんと理解しておきましょう。

「譲渡・相続・売買・贈与」それぞれの違いとは?

まず、「譲渡」を基準に考えてみましょう。

譲渡:譲り渡すことを意味しており、不動産取引では譲渡により所有権を移転することになります。
そして、譲渡の種類として「相続」、「売買」、「贈与」という名目により所有権移転の理由が決められます。

相続:所有者が亡くなることにより、法律で決められた相続人に所有権が移転します。実際、自動的に所有権は移転しますが、相続登記を行わないと不動産の売買などはできません。また、相続税が発生する場合もあります。

売買:お金を支払い、所有権移転をします。買主・売主ともに税金が発生する可能性がありますが、売主がマイホームを売却した場合などは控除があります。

贈与:無償で所有権移転をします。相続は法律で決められた相続人に所有権移転をすることですが、贈与は誰にでも贈ることができます。ただし、贈与を受ける側には税率の高い贈与税が発生するおそれがあります。

譲渡の名目が、相続や売買、贈与という点を理解してください。

不動産に関する用語はしっかり覚えておこう

ほかにも覚えてほしい用語関係を3つお伝えします。
1.道路に関係する用語:私道、市道、位置指定道路など通行に関する権利について必要となる用語です。
2.建物に関する用語:建ぺい率、容積率、市街化区域、市街化調整区域など建物を建てる際に最低限必要となる用語です。
3.不動産契約に関する用語:重要事項説明書、媒介契約、不動産取得税、不動産譲渡所得税、印紙税、登録免許税などは契約前、契約時、契約後に必要となる用語です。

これらの用語を覚えておくだけで、不動産会社と話す際にコミュニケーションが取りやすくなります。アパート経営を始める第一歩として、用語について勉強しておきましょう。

相続

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

アパートの遺産分割ってどうするの?

具体的に解説!「譲渡」や「相続」など、それぞれどのように違う?

不動産の権利書を紛失してしまった場合の相続について

アパート経営の連帯保証人は相続放棄できる?リスクを避ける方法は?

相続人が決まるまでの家賃・・・受け取るのは誰が正解?

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787