アパートの害虫駆除費用!大家と入居者どちらが支払う?

大家さんのほとんどが、所有するアパートに住んでいるわけではありません。害虫の存在も知らないどころか、存在の可能性を考えることも少ないでしょう。しかし、害虫駆除に関しては建物自体にも空室率にも関係するので対策が必要です。

どれほどのトラブルが起きているのか把握しよう

害虫と一口に言っても程度の違いがあります。山間部や自然豊かな地域など、土地柄として害虫が多い地域において、害虫のクレームに毎回対応していたら赤字経営になります。
しかし、アパート全体に影響を及ぼすような害虫問題であれば、迅速な対応が必要です。
まず必要なことは「どのような害虫がどの程度の範囲で被害を与えているのか?」という点を把握することです。
特に、アリや白アリの被害などがあるケースでは、1部屋から報告があった場合、アパート全体に被害が及んでいるケースが多いです。
そのような場合は、アパート全体を調べましょう。
また、特に築古の木造アパートでは白アリの被害を受けやすく、白アリの被害が大きいとアパートの存続に関わります。
そうならないように、定期的な点検をするように心がけると良いでしょう。

環境によっては大家が負担するケースもある

害虫駆除に関しては、入居者の責任かそうでないかという基準で、大家さん負担か入居者負担かの判断をすることをおすすめします。
例えば、入居者がゴミをベランダや部屋に放置して生活したせいで、アリやゴキブリが増えたというケースでは、入居者に害虫駆除費用を請求できます。
しかし、アパートの老朽化や水回りの配管などが詰まっているという状況で害虫が発生しているケースであれば大家さんの負担となるでしょう。また、前の入居者が常時甘いものを放置していたことが原因でアリが発生しているケースであれば、新しい入居者に請求することは難しく、大家さんの負担となる可能性が高いです。
ただし、「窓に虫がたくさん寄ってくる」「外に虫が多い」などの内容については基本的に対応する必要はないと考えてください。
害虫が増えると入居者、大家さん双方にとって得することは何もありません。そうならないために、管理会社に定期的な害虫チェックをお願いするようにしてください。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787