不動産の共有相続とは?アパート経営における注意点!

アパートを共有で相続すると、「賃料をどうするか?」「アパート経営をどうするか?」という点をはっきりさせる必要があります。その際、事前に”共有”とは何かという知識があると役に立ちます。今回はアパートを共有で相続した場合について見ていきます。

不動産の「共有」と「分割」の違いとは?

不動産の共有とは、2人以上共同で不動産を所有することを意味します。
ここで注意しなければならないことが1点。
それは、「共有とは、不動産をはっきりと分けずに共同で所有している状態」という点です。
もう少し詳しく説明しますと、例えば100坪の土地を2人が共有で相続したとします。
1人が50坪ずつ相続するということになります。では、「どこからどこまでが1人の持ち分か?」と言われたときに、境界線のない状態が共有です。
このような共有という状態は相続人も困ります。そこで、分割するという話になりやすいです。
分割は民法上認められた制度であり、分割すると共有部分の内、自分の所有する部分である土地を確定させて、分筆という形をとります。こうすることにより、分筆した自分の土地を売却しやすくなります。
まとめると、共有は自分の所有部分がはっきりしていないという状態であり、分割は自分の所有部分がはっきりしている状態と覚えてください。

共有で相続する際のアパート経営について

共有でアパートを相続した場合、土地だけでなくアパートの建物部分も共有します。
相続人が1人であれば何も問題ないですが、2人以上となると土地だけでなく建物も共有することになり複雑な権利関係となります。
そうなった場合、2つの方法が一般的です。
1つ目が、相続人の1人がほかの相続人から共有持ち分を買い取るという方法です。そうすることにより、1人でアパート経営を行えるので共同経営にありがちなトラブルを避けることができます。
2つ目が、管理を丸投げして残った賃料収入を分割してもらうという方法です。権利関係は複雑なままですが、収入を平等に分割するという方法は相続人が複数いても納得するケースが多いです。
どちらにしても、相続人が円満に話を進められるように各相続人が話を聞く姿勢を持たなければならないという点を覚えておきましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787