借地を相続した!アパート経営はしても良い?

借地権を相続した場合、財産の一つと呼ぶことはできます。しかし、土地を相続した場合と比較すると財産価値は低いです。また、借地を相続したときには注意して利用しないと、大きな出費を招くおそれもあります。果たして借地でアパート経営はできるのでしょうか?

「借地を相続する」とは?

借地とは、土地を借りている権利です。基本的に、借主は借地上で自分の家を建てたり畑などにしたりして自由に使用することができます。
また、借地権は期限を定めて契約しています。その期限内に借主がお亡くなりになったとき、借地契約上の残っていた期間が相続できるのです。
もし、土地所有者に「契約者本人が亡くなったのだから土地を返してくれ」と言われても断る正当な権利があります。
ただし、死亡時に贈与する「遺贈」の場合は、貸主である土地所有者の許可が必要です。相続のときだけ、土地所有者の許可がいらないと覚えておいてください。
もう一つ知っておくと得する知識があります。それは、土地所有者の許可があれば「借地権売却」も可能という内容です。
例えば、借地期間が20年残っていたとします。その土地を20年でも良いから利用したいという方がいれば、借地権を売りお金に換えることが可能です。

相続した借地でアパートを経営するのは違反?

土地があるから不動産投資しようと考える方は、アパートを建てようと考えるでしょう。しかし、勝手に建ててしまうと土地所有者とのトラブルになるので絶対にやめてください。
その理由ですが、仮に借地期間があと10年とします。アパートを建てた場合、土地所有者からすると、借主からアパートの買い取りを要求されることを予想します。このような話をすんなり承諾する土地所有者はほとんどいません。さらに、建物を取り壊す(10年で壊すことは現実ではほとんどありませんが仮の話です。)場合は、入居者に退去してもらう必要があります。その際には引っ越し費用などを支払うことになるので多額の出費が発生します。
借地でアパートを経営したい場合はまず土地所有者に相談してください。そこで、
・借地権の更新を約束する
・借地権契約終了時に土地の買い取りを約束する
というような話となればアパートを建てる方向でも問題は少ないでしょう。
借地権は「他人の土地を借りているに過ぎない権利」であるという点をしっかりと頭に入れておいてください。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787