生命保険とアパート経営が比較される理由とは?

「生命保険」と「アパート経営」を比較すると言われても、何の関係があるのかと思う方が多いでしょう。しかし、実際にはメリットが大きく、事前に知っておかないと後悔することになるかもしれません。今回は、アパート経営における生命保険についてお伝えします。

アパート経営が生命保険代わりに?

先ほどもお伝えしましたが、アパート経営と生命保険は関係性が強いです。具体的に説明しますと、「オーナーが死亡や高度障害の状態になった場合に、アパートローンの残債務が保険で支払われる」ということです。
例をあげると、家賃収入が年間500万円ありローンの残債務が3,000万円あるとします。
オーナーに万が一のことがあったとき、保険により残債務の3,000万円が支払われてアパートは家族の所有になります。結果的に、家族はアパートのローンを負担せずに所有できるようになり、賃料収入を得ることが可能となるわけです。
反対に、保険に加入していないとローンは残りますので年間賃料の500万円から支払いをしていくことになります。
このように比較すると、保険の重要性を強く感じると思いますが解決できていない疑問があるはずです。
それは、「生命保険にさえ入れば同じなのではないか?アパート経営が生命保険代わりという意味がわからない」という疑問です。
この点について次の内容でお伝えします。

団体信用生命保険とは?

団体信用生命保険という保険は、万が一のときにアパートの残債務を支払ってくれる保険です。一般的な生命保険と異なる点が2つあります。
1.金利分の支払いにプラスするだけで加入できる
一般に生命保険と異なり、ローンの金利に少し(約0.3%などケースバイケース)プラスするだけで加入できるというのは金銭的なメリットが大きいです。
2.万が一の際、金融機関に保険金が支払われる
一般の生命保険は家族が受取人となりますが、団体信用生命保険の場合はローン契約した金融機関が受取人となります。ですので、アパートローンは継続して支払い、保険金を受取人が自由に使うということはできません。
また、注意する点として団体信用生命保険はローン契約後に途中加入は原則できず、最初から加入する必要があります。さらに、病気等の告知義務があるので誰でも加入できるわけではありません。
メリットの大きい団体生命信用保険。加入できるオーナーはぜひ活用してください。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787