不動産の権利書を紛失してしまった場合の相続について

アパート経営を始めるとき多くの方は、権利書はとても大切な書類という意識を持たれると思います。確かに、不動産の所有者を証明する際や所有権を移す際には不可欠です。

しかし、相続のみを考えると権利書は、「重要」とまでは言えない存在なのです。

権利書は必ずしもいるものではない

「権利書は、相続の際に必ずしも準備しておく必要はない」と聞くと、なぜ?と疑問を持たれると思います。
理由が気になるところですが、その前に「相続登記」について理解しておきましょう。

相続登記は、被相続人から相続人へ、アパートといった不動産の持ち主が変わったことを証明するもの。相続登記をしなければ、誰が相続人か分からないため現実的には不動産の売買はできません。
つまり、「相続したアパートを売却するときは相続登記が必要だが、経営を引き続き行うケースでは、そのまま放置でもよい」ということです。実際に、放置しているオーナーもいます。

次に、権利書の重要性についてお話しします。

相続登記で重要なのは、被相続人と相続人の関係性です。登記に必要な添付書類は、
・被相続人の戸籍
・住民票の除票
・相続人全員の戸籍謄本
・相続人が複数いる場合の遺産分割協議
・相続人の住民票
・相続人の印鑑証明書
などです。「被相続人からアパートなどの不動産を引き継げる相続人である」という裏付けが取れる書類を用意します。

これらの書類で相続人という証明ができれば、所有権を移す根拠となるので、権利書は必要ありません。

紛失しても問題はないけれど・・・

覚えていただきたいのは、権利書の再発行は不可能であること。

アパートを相続したとしましょう。
新たに相続登記を行い所有権が変われば、次は自分の権利書を受け取ることになります。
すると、以前の権利書は効力を失います。

こういった流れを見ると、紛失しても問題はないことが分かりますね。

とは言え、もしあなたがアパートを相続して売却しようと考えたときは、
・権利書を紛失したこと
・相続人が自分であること
・ほかの相続人や第三者とのトラブルはないこと
などを念のために仲介業者へ伝えておくと良いでしょう。

そうしておけば、万が一紛失したはずの権利書を持った人が邪魔しようとしても、トラブルに巻き込まれずに済みます。
もちろん、アパート経営や相続に関する大事な書類はすべて紛失しないようきちんとファイリングしておくのが無難です。

相続

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

アパートの遺産分割ってどうするの?

具体的に解説!「譲渡」や「相続」など、それぞれどのように違う?

不動産の権利書を紛失してしまった場合の相続について

アパート経営の連帯保証人は相続放棄できる?リスクを避ける方法は?

相続人が決まるまでの家賃・・・受け取るのは誰が正解?

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787