アパート経営者が知っておくべき大規模修繕のタイミング

アパート経営をするとき、新築や築浅アパートだけでなく築年数が相当経過したアパートで経営をスタートする方も多いです。築年数が経過すればするほど大規模修繕までの期間が短くなります。

そのときに必要なポイントをお伝えしていきます。

大きなお金が動く修繕はタイミングが重要

まず、一般的なアパートの大規模修繕ではどのような作業が行われるかという点を知っておきましょう。

具体的な作業内容は、
・水道配管の修繕や交換
・外壁塗装や防水塗装
・屋根部分の修繕
・ベランダ部分の修繕
・階段部分の修繕
・建物の亀裂を補修
などが一般的です。

そのタイミングですが、木造アパートであれば15年~20年が目安です。RCなどのコンクリート造りであれば20年~25年が目安です。
また、木造の場合だと海の近くや風雨の影響が強い地域などでは建物へのダメージが大きいです。したがって、大規模修繕のタイミングは早まりやすいでしょう。

オーナーからすると、「大規模修繕はお金がかかるし、先延ばしにした方が収益面に好影響を与えるのでは?」と考えがちです。
しかし、そのような考え方はただの自己都合ですので、おすすめできません。

本来、大規模修繕は建物の状態で判断すべきです。その点に注意して大規模修繕のタイミングを見極めるようにしてください。

本当に修繕が必要かしっかり見極めよう

ただし、忘れてはならないことがあります。それは、「必要のない修繕や工事はしない」という姿勢を持つことです。
先ほどもお伝えしましたが、大規模修繕ではさまざまな修繕や工事を行います。そのとき、合計金額だけを確認して依頼するオーナーが多いです。

そこで、ぜひ実践してほしいのが「作業や工事の内容について1つ1つ説明を受ける」という行動です。
一気にいろいろな場所を修繕した方がラクな気持ちも分かりますが、本当に必要な場所だけを修繕して入居者や近隣住民に迷惑がかからないようにすることも大切です。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787