アパートの外壁リフォームで空室対策をしよう!

入居者視点で見ると、古くなったアパートに求められるものとして、建物の外観である外壁の見栄えが常にあるではないでしょうか?

入居者からすると、きれいな外観のアパートに住むと、外出時や帰宅時に周囲の目を気にせずにすみます。

外壁は評判につながる大事な要素

想像して欲しいことがあります。お客さんが自分のアパートに来るとき、アパートの目印を伝えます。そのときに、「ボロボロの外壁で灰色のカビが目立つアパート」と言うのと「きれいなレンガ色のアパート」では、間違いなく後者の方が印象は良いですよね?
オーナー側からすると、外壁については経費がかかるからそのままで良いと考えがちです。しかし、入居者からすると自分の住んでいるアパートは見た目が良いに越したことはない、と考えています。外壁がボロボロのままでは退去者が増え、空室が多くなってしまう可能性があります。

また、近所の人から見ても外壁が劣化したアパートの印象は悪く、入居者までマイナスイメージを持たれることもあるでしょう。

さらに、外壁をそのままにしておくと雨漏りや外壁が剥がれたりするトラブルが起き、オーナー側の大きな出費となります。

このような点を考えると、早めの外壁リフォームが空室対策となります。空室が増えてから外壁をリフォームするのではなく、時期的には少し早いタイミングかな?と思うときに行えば有効な空室対策となるでしょう。
そうすれば、「オーナーの賃料も減らず」、「入居者も喜び」、「近所からもきれいで雰囲気の良いアパート」として位置づけてもらえますので、アパート経営も黒字が継続しやすいです。

工事は入居者への配慮も忘れずに!

また、外壁をリフォームする際に注意することがあります。それは、工事の前に入居者全員に伝えることです。オーナー側からすると、「自分のアパートを自由に工事するのは問題ないだろう」と考えがちです。確かに、法律的に見ればその通りです。しかし、足場を組んで作業員がベランダや窓から部屋を見ることが可能な状況は、入居者からすると好ましいものではありません。

そこで、事前に工事の日程を伝えて洗濯物を室内で干してもらう準備やカーテンを閉めてもらうなど、入居者のプライバシーを守る対策を行うようにしてください。このような配慮があれば、入居者は工事に協力的になってくれるはずです。

アパート経営はサービス業のひとつである、という気持ちを持って取り組むようにしましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787