アパートを建てる費用はどこから捻出するの?融資を受けるためのコツ

アパートを建てる費用や土地の取得費用は基本的には融資により資金調達することになりますが、融資は誰もが受けることができるわけではありません。ポイントをおさえて行動してこそ融資を受けるチャンスが出てきます。

費用を集めるためにできること

アパートを建てる費用は、現金があまってしょうがないというごく一部の方以外、融資により集めるしかありません。
そのときに必要となるポイントが3つあります。

1.日々の生活におけるお金の流れを把握して、堅実な生活を送る
アパート経営は商売と同じですのでオーナーは経営者となります。
経営者が融資を受ける場合、必ずチェックされるのが収支とお金の流れです。無駄使いや浪費癖、支払いの滞納が目立つような生活をしている方には融資が下りにくいです。

2.頭金を家族から借りる
頭金なしでアパートローンを組めるケースがないとは言えませんが、金利が高かったり月々の返済額が割高になるなどおすすめできません。本来は、コツコツ貯めるべきですが、親からの生前贈与という形などで金融機関が不自然に思わない流れを作れるのであれば悪い方法ではありません。

3.家族の協力を得て出費を抑える
奥さんやお子さんに、アパート経営を始めるまでは節約をしたいので協力して欲しいとお願いしましょう。そうすると、家計全体の出費が減り現金が残りやすくなります。
現金が手元に残る生活は金融機関から見ると評価が高いです。ぜひ試してください。

銀行から上手く融資を受けるために

銀行から融資を受けて、アパートを建てる費用を集めるために、ここでは具体的なテクニックを2つお話しします。

1.アパートを手に入れる前に大きなローンやキャッシングなどをしない
例えば、自動車ローンを300万円組んだり、海外旅行で50~100万円使ったり、キャッシングして家電製品を多数購入したりといった出費は避けてください。
銀行は、アパート経営をスタートした後の返済ができるかという点を重視します。そのときに、ほかの返済先があればあるほど融資判断は慎重になります。
アパートを建てるまでは、どこからもお金は借りないと決めるべきです。

2.資産価値のある土地を探す
ローンを組む場合、必ず担保が必要となります。そのときに銀行が重視するのは土地の価値です。建物の価値もあると考える方もいますが、建物の価値は建築年数とともに非常に低くなります。担保価値は低いと考えてください。しかし、土地は経年劣化をするものではありません。銀行は万が一オーナーが支払い不能となっても、担保である土地を売却して債権を回収できるのであれば、融資を行う可能性が高いです。将来性のある土地を選定することが大切です。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787