経営者目線で考えよう!ロフト付きアパートの魅力とは?

ロフトをつける場合、オーナーにとってみれば建築費用が増えることになります。その際に考えるべき点としては、ロフトを付けたことによる経済的メリットです。

今回は、経営者から見たロフトのメリットとあると便利な設備についてお伝えします。

ロフト付きアパートのメリット!

ロフトは、屋根裏部屋のようなスペースですが基本的に部屋ではなく物置です。入居者からすると、実質的に1部屋増えるというメリットがあるので喜ばれます。

ほかのメリットとして、
・急な来客でも布団を簡単に敷けるスペースとして利用できる
・天井が高く開放感がある
・入居者が寝室としての利用ができる
・子どもの遊ぶスペースとして利用できる
といった点があります。

一方、経営者から見ると「賃料を同じ広さのアパートより割高にできる」というメリットがあります。

例えば、2LDKで7万円のアパートと2LDKにロフト付きで7.5万円を比べるとロフト付きは5,000円割高です。しかし、1部屋増えて5,000円高いのであれば、入居者からしてもメリットがあります。

経営者からしても収益率を高めることができますのでメリットはあります。

さらに、ロフトに加えて付けると便利な設備があります。

ロフト以外にも付けておくべき設備は?

おすすめの設備は2つです。

1.ロフトから手が届く場所に洗濯物干し設備を備え付ける
ロフト付きの部屋は天井が高いです。ロフトから洗濯物を干せれば、その下を普通に歩くことができますので部屋を広く利用できます。
ぜひ、ロフトと室内洗濯物干し設備はセットで備え付けましょう。

2.エアコンを備え付けるなら、強力なタイプにする
ロフト付き物件のデメリットは夏のロフト部分が暑いという点です。対応策としてエアコンをつけるのですが、そのときに注意するのが、強力タイプのエアコンを選ぶことです。
例えば、12畳の部屋で3畳のロフトがあるとした場合、エアコンは12畳タイプではなく、15~18畳程のタイプを選ぶようにすると良いでしょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787