バス・トイレを工夫するのは必須!?アパート経営事情

アパートの変化としては、部屋のレイアウトやキッチンの広さ、設備などもありますが、バスやトイレにこだわる入居者も多いです。

しかし、これら設備は高額ですのでいかに安く入居者の妥協点を上回るかの工夫が大事です。

バス・トイレにこだわる入居者が急増している

以前でしたらバスやトイレは使えればよいという入居者が多かったと思います。しかし、最近の入居者は違います。具体的な基準を決めて仲介会社に問い合わせたり、内覧などをしている方が増えていますので、バスとトイレに分けてお話していきます。

まず、バスですが次の3つがポイントです。

1.追い焚き機能・自動お湯はり機能がある
追い焚き機能・自動お湯はり機能は、特に女性のニーズが非常に高い機能となっています。

2.脱衣所、洗面所の収納が充実している
脱衣所や洗面所に収納が少なくてタンスやクリアケースなどを置いてはみたものの邪魔だった・・・という経験はありませんか?最近では、洗面台や備え付けの収納棚があるアパートが増えており、人気となっています。

3.浴室で洗濯物を干せる設備がある
浴室に洗濯物を干してボタンひとつで乾かす機能、浴室内乾燥の設備は主婦からの需要が高いです。もちろん、真夏の太陽に干す方が時間も早いですが、雨の日や天候の変化が心配なとき、夜中などには浴室内乾燥はとても助かる設備です。

次にトイレですが、2つポイントがあります

1.ウォシュレットは必須
トイレにはウォシュレットを備え付けるべきです。高いものではなくても、備え付けることが大切です。

2.収納がある
トイレにトイレットペーパー以外のモノが置いてあることが嫌いな方、お客さんへの印象をよくしたい方などいることでしょう。そのときに役に立つのが大きな収納です。トイレには何も置いてない方が見栄えがよいです。

以上がバス、トイレのポイントです。しかし、オーナーの立場からするとできる限り出費は抑えたいもの。入居者の要望とオーナーの希望を叶えるための工夫が必要になります。

単身向け、ファミリー向けでも工夫が必要

出費を抑えて入居者を満足させるための優先順位を見ていきます。

◆単身向けの場合
バスの優先順位はまずは追い焚き機能・お湯はり機能を優先させてください。仕事後にお風呂に浸かってリラックスしたいという単身者は少なくありません。次に、浴室乾燥設備も優先させると良いでしょう。日中は働きに出てしまうことが多い単身者は、浴室乾燥設備を用いた室内干しをしたいと考える人が少なくないことでしょう。
トイレの優先順位はウォシュレットを最優先させてください。最も安いモデルでよいので付けてあげるとよいでしょう。

◆ファミリー向けの場合
バスの優先順位は、
1.浴室の広さ
2.収納
3.浴室内乾燥設備
です。家事や育児に忙しいお母さんが暮らしやすい家、を想像してみるとよいかもしれません。

トイレの優先順位は単身者と変わらず、
1.ウォシュレット
2.収納
です。

収納に関しては戸棚を付けて予算よりも高くなるようでしたら、高いところに板を張り付ける枚数を増やすなど工夫してみてください。
入居者の要望も大切ですが、収益を出すという目的を踏まえながら設備を付けるようにしましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787