アパート経営に80坪は狭い!?狭いからこそ工夫が必要

アパート経営するにあたって「80坪の土地にアパートを建てる」と聞くと、そうした狭い土地でアパート経営は無理ではないかと考えると思います。

今回は、80坪の土地でアパート経営が成り立つかを見ていきます。

周辺環境によってタイプを変える

アパートを建てる場合は単身者向けかファミリー向けかを考えます。

単身者向けとするケースは、

・周辺がビジネス街
・20代前半に人気があるエリア
・賃料高めでも新築を求める女性入居希望者が多いエリア

と言えます。ワンルームマンションに比べて単身者向けアパートの方が広いので入居は決まりやすいです。

ファミリー向けとするケースは、

・交通アクセスがよく、車が必要ない
・商業施設、病院、金融機関などまで徒歩圏内
・3~4人家族であり、4人家族の場合子ども1人が就学前

と言えます。

80坪の土地にアパートを建てる場合、駐車場はなしで狭めの間取りとなります。しかし、「生活のしやすさ」を優先した入居者には人気のアパートとなるでしょう。

狭い部屋も工夫次第で広く見える!?

80坪の土地にアパートを建てる場合は、部屋の中を工夫しなければ狭く見えます。

部屋を広く見せるための対策としては、次の3つがあります。

・壁紙の色を工夫する
壁紙の色は白、ベージュ系がおすすめです。反対に、黒などのダーク系は部屋を狭く見せるので利用すべきではありません。

・天井高を工夫する
部屋が狭いので天井を高くすると思いがちですが、実際はその反対です。天井高を高めにすると部屋が狭く見えます。そうならないように、2.2メートルから2.4メートルの天井高にすると良いでしょう。部屋が広く見えやすいです。

・収納場所を作る
デッドスペースに収納を作ると部屋もすっきりとしやすいです。例をあげれば、靴箱を天井高と同じまで作り多数の靴を効率よく収納する、空間の高い部分にたまにしか利用しないものを置く棚を設置する、収納部分の多いキッチンなど備え付けの収納があると居住スペースが広く感じます。

一軒家を建てるなら十分な広さでも、アパートを建てるには少し狭い80坪。
80坪は狭いからアパート経営は成り立たないはず、と思われている方は多いですが、工夫次第で経営は可能です。狭い土地でもあきらめずに考えてみましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787