アパート経営における集金代行契約とサブリース契約の違い

現在、アパート経営をするオーナーの多くが家賃をより確実に回収するための対策を講じています。今回は、そのような対策として「集金代行契約」と「サブリース契約」についてまとめていきます。

集金代行契約とは?

集金代行と聞くと、おおまかなイメージはできると思います。簡単に言えば、大家さんの代わりに家賃を回収するという契約です。実際には、単に家賃を回収する内容だけではなく、

・入居者募集、入居審査、入退去の立ち会いや手続き
・家賃滞納者への催促
・家賃滞納後に退去させた入居者への訴訟

など、幅広いサポートを約束する契約となっています。

では、費用面の目安についてですが家賃の3~8%程度です。5%前後の会社が多いようです。

選び方のポイントは、意外に思うかもしれませんが滞納家賃をしっかり回収する会社ではなく、入居者を多数集めて審査を厳しくできる会社を選ぶことです。
その理由ですが、家賃滞納させない会社の方が家賃滞納させる会社に比べて大家さんにリスクを与えないからです。

「家賃を払わない入居者」を入居させないような集金代行会社と契約をして、毎月の家賃振込日に安心して通帳記帳できるような大家さんを目指してください。

サブリース契約とどう違う?

サブリース契約とは、サブリース会社が大家さんの物件を全部屋借り上げて賃料を払うという契約です。この話を聞くと、サブリース契約を複数のアパートで結ぶと失敗のない経営ができると思う方も多いです。
しかし、注意する点が2つあります。

1.サブリース契約では、設定家賃の80~90%しか賃料が入らない

言い換えれば、空室率が10~20%継続すると言えます。

2.2年ごとを目安にサブリース賃料の見直しがされる

アパート地域の状況や建物の老朽化により家賃の見直しを行います。サブリース賃料は少しずつ下がることになります。

違いをまとめると、集金代行サービスは手数料が安く、サブリース契約は手数料が高く2年ごとに賃料が減少していくということです。
大家さんとしてどちらが合っているかしっかり判断してから決めるようにしてください。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787