家賃収入だけで生活はできる?失敗・成功それぞれのパターンについて

実際に、相続などではなく「実力だけで家賃収入のみで生活できるレベル」に達するのは難しいです。しかし、「実力で家賃収入のみで生活をしている」方がいるのも事実です。今回は家賃収入だけで生活できる成功者への道のりをお伝えします。

家賃収入のみで生活できないパターン

不動産投資における収入は、家賃、駐車場代、共益費が一般的です。また、不動産投資ではほかの商売との大きな違いがあります。それは、手に入る収入の限度がおおよそ決まっているという点です。
例えば、飲食店や小売業、サービス業などは業績を伸ばせば前年比2倍や3倍、あるいはそれ以上の収入を得ることが可能です。しかし、不動産投資の場合は満室経営になれば、それ以上の収入とはなりません。
不動産投資だけで生活できるほど大きな収益を手に入れるためには「複数の物件を保有して家賃の合計額を増やす」という方法が基本となります。

このような前提で考えると、家賃収入だけで生活できないパターンは家賃の合計額が少ない、物件の所有数が少ないといったケースです。
具体的には、ワンルームを1室、2室であったり30,000円ほどの家賃で8室だけのアパートという規模であれば手元に残る収入は数万円台となるので生活は難しいでしょう。

家賃収入のみで生活できるパターン

収益を確実に得られる物件(資産)を増やし、毎月の賃料の合計額を増やしたオーナーのみが家賃収入だけで生活できます。
そのような成功者となる基本的な流れをお伝えします。

まず、アパートを1棟手に入れます。
その後は、しっかりと黒字経営を継続します。注意してもらいたいのが、赤字を出さないようにするということです。
次に、金融機関にこれまでの実績を見せて2棟目のアパートを手に入れます。後はこのような流れの繰り返しです。

先ほど、赤字を出さないという点を注意するようにお伝えしましたが、金融機関は収益物件の保有年数よりも経営手腕を重視します。
仮に、10年間保有しても赤字が多ければ2棟目の融資は下りにくいです。しかし、2、3年の保有でも最初からしっかりと黒字を出し続ければ2棟目の融資も検討してもらえます。

不動産投資は必ずしも成功するとは限りません。最初から「家賃収入だけで生活しよう!」という幻想を抱かずに、計画性のある不動産投資をコツコツと行い規模を増やしていくことが大切です。

収益

気軽にできる?ソーシャルレンディング型の不動産投資

アパート経営は家賃収入のほかにも収入源はあるの?

収入管理を楽に!家賃を引き落としにしたい

家賃収入だけで生活はできる?失敗・成功それぞれのパターンについて

ローンの返済計画がカギを握る!投資物件で収益を得るために

ワンルーム投資の実態!1棟経営の方が儲かる?

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787