ワンルーム投資の実態!1棟経営の方が儲かる?

ワンルーム投資をしようか?金銭的リスクは高まるがアパートをしようか?と迷われる不動産投資家は多いです。経営的にシンプルに見えて、管理会社任せにできるのはワンルームです。

お金さえ用意できれば成功するように感じられますが、その実態はいかがなものでしょうか?

ワンルーム投資を行うメリット

ワンルーム投資を行うメリットとしては3つあります。

1.投資額が少なく、スタートしやすい

不動産投資のネックは、初期投資の費用が大きいという点です。しかし、ワンルーム投資の場合、地方都市では300万円台から十分スタートできます。200万円台のワンルームがオーナーチェンジで売りに出ることもあります。

不動産投資はローンを組みますが、融資額が低い方が融資もおりやすいです。この点もメリットと言えます。

2.管理会社に任せやすい

ワンルーム投資の場合、管理会社がすべての面倒を見てくれるケースが多いです。入居者探し、入退去や家賃の管理、建物管理といった細かい作業を自分でする必要がないというのは大きなメリットです。

3.早期売却しやすい

ワンルームマンションは手頃な値段で売却できます。買い手からすると予算は組みやすいでしょう。また、建物の状態も確認しやすいです。

築古物件のように目に見えない建物のリスクも少なく手に入れることが可能ですので早期売却しやすいというメリットがあります。

アパート経営とどちらが儲かる?

儲かるという点で言えば、アパート経営に軍配が上がりやすい傾向があります。

その理由ですが、ワンルームの場合は入居者が決まればその賃料のみが収益となり、それ以上の収益は望みにくいです。
これに比べて、アパートでは空室率を減らす、共益費や駐車場料金を値上げするなどの細かい項目で少しずつ収益を増やすことが可能です。それら収益の合計額が利益をプラスさせるチャンスとなります。

ただし、アパート経営の場合はワンルームマンションに比べて経営努力が必要です。この点を守らなければワンルーム投資の方が儲けが出るという結果にもなりかねません。

アパート経営の方が労力が要求される分、収益性は良い傾向にあると考えてください。

収益

気軽にできる?ソーシャルレンディング型の不動産投資

アパート経営は家賃収入のほかにも収入源はあるの?

収入管理を楽に!家賃を引き落としにしたい

家賃収入だけで生活はできる?失敗・成功それぞれのパターンについて

ローンの返済計画がカギを握る!投資物件で収益を得るために

ワンルーム投資の実態!1棟経営の方が儲かる?

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787