アパートの大家になりたい方が知っておくべき実態

アパートの大家さんのイメージといえば、アパートの横に住んで敷地内の掃除や建物管理をし、ときには家賃滞納の対応をしている情景を思い浮かべる方が多いと思います。

しかし、それは一昔前の話といえるでしょう。実際のところ、現在の大家さんが期待される役割は大きく異なります。

大家さんはどこまで面倒を見ればよいの?

大家さんは、入居者から家賃をもらう代わりに入居者が快適に住める住居を保証する役目があります。

そう聞くと、入居者側から

・エアコンの取り付け
・キッチンの交換
・大きめのバスタブへの交換
・壁紙の張り替え

などのリクエストに応える必要があるのか?という疑問が生じるでしょう。

そのような疑問を解決するために、大家さんの義務について見ていきます。

大家さんがしなければならない2つの義務

大家さんの義務は大きく2つあります。

1.建物の管理義務

そのひとつが、建物の管理義務です。

具体的には、以下のものなどが挙げられます。

・入居者退去後の清掃
・共用部分の清掃
・消耗品や老朽化した物品の交換
・給排水部分の修繕
・敷地内に放置された粗大ゴミの処分

こうした建物の管理義務を一言でまとめると、「入居者が不快に感じない快適な住環境を整える業務」といえます。

2.入居者への管理義務

もうひとつが、入居者への管理義務です。

具体的には、以下のようなものなどがあります。

・家賃の管理
・賃貸借契約違反をさせない
・入居者同士のトラブルの解決

簡潔にまとめると、「入居者間でトラブルが発生しないよう、入居者の管理や調整をする業務」といえます。

実際に大家さんとして活動する日数はどれくらい?

この点については、経営スタイルの選択によって大きな違いが出ます。
まず、自分で管理業務全般を行うケースです。この場合、大家さん自身が敷地内の掃除や消耗品の交換を行う必要があるほか、建物の修繕に関しては毎回業者に依頼することになります。
また、家賃の請求と回収、入居者同士のトラブルやクレームに毎回対応することになります。このような雑務を大家さんが1人で行うのであれば、2〜3日に一度はなんらかの形で活動することになるでしょう。

次に、管理会社に任せるパターンです。この場合、費用はかかりますが前述の作業をすべて管理会社が請け負うことになるので、大家さんは定期的な報告を受けるだけで賃貸経営は成り立ちます。

上記の内容をまとめると、大家さんとしての活動は自分ですべてを行う場合だと毎月10日ほどかかり、管理会社に任せると実質的な活動をする必要はほとんどないといえます。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787