1棟目が2棟目の担保になる!?不動産投資の仕組み

不動産投資は、「不動産という財産の実物が目に見えて存在する」という点が大きなメリットとなります。それに比べて、株式や投資信託、FXなどは価格の変動も大きく信用度が低いです。

今回は、不動産投資特有といえる担保の有効活用についてお伝えします。

そもそも担保とは?

担保とは、債務者が債務を履行しない場合に保証するための制度です。
アパートだけでなく、不動産投資では、取得する物件に抵当権をかけて担保とします。こうすることにより、アパートオーナーは少ない頭金で物件を自分のものとすることが可能です。金融機関側も、返済が滞ったときには強制的にアパートを売却してお金を取り戻すことができます。
このように、担保を用いることにより、オーナー、金融機関の双方がそれぞれの目的を達成することができる便利な制度です。

また、これは不動産という存在を目に見えるものにすることにもつながります。資産価値も低くなりにくいという安定した資産だからこそ、担保制度が活用されていると言えるでしょう。

不動産投資には、担保という存在があるため、資産家でなくとも、サラリーマンといった方がスタートできるチャンスがあるのです。

1棟目は2棟目を購入する際の担保?

担保をうまく利用する方法としては、2棟目の融資の際に1棟目を担保として差し出すという方法があります。
ただし、この方法を利用できるのは1棟目の物件を売却して借り入れを返済しても資産が残る場合と考えてください。

例えば、5,000万円のアパートに2,000万円の借り入れが残っていた場合、3,000万円の資産があると判断されるため、2棟目の担保とすることができる可能性が高いです。
しかし、4,500万円の借り入れが残っていた場合は、残りの資産があるとは言えません。そのため、担保にすることは難しいです。

1棟目を2棟目の担保としたい場合、1棟目の負債を返済しても、しっかりと資産が残るようなアパートでなければ担保として通用できないということを覚えておきましょう。

収益

気軽にできる?ソーシャルレンディング型の不動産投資

アパート経営は家賃収入のほかにも収入源はあるの?

収入管理を楽に!家賃を引き落としにしたい

家賃収入だけで生活はできる?失敗・成功それぞれのパターンについて

ローンの返済計画がカギを握る!投資物件で収益を得るために

ワンルーム投資の実態!1棟経営の方が儲かる?

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787