加入は必須!?施設賠償責任保険について

アパート経営者は、火災保険や火災保険とセットでしか加入できない地震保険に加入をする必要性を感じることでしょう。

さらに、アパートのエリアによっては火災保険のオプションで風災、水災、雪災、雹災などにも加入も考えるべきですが、もう1つ加入すべき保険があります。

施設賠償責任保険の内容とは?

施設賠償責任保険は、建物の欠陥や不備により入居者や通行人などにケガをさせた場合の損害を賠償します。

アパートで考えると、

・滑りやすい階段で入居者が転倒してケガをした
・水回りの欠陥により水漏れを起こして入居者の家財をダメにした
・外壁の一部が剥がれ落ちて通行人にケガをさせた
・共用部分のエントランスに小さな段差があり来客した人が転倒してケガをした

こういったケースで補償を受けて、損害を賠償してくれるのが施設賠償責任保険です。
アパートという物件、施設が何らかの損害を人に与えた場合に適用される、と考えてください。

ここで注意してほしいのが、「個人賠償責任保険」とは異なる点です。
個人賠償責任保険は、誰かが他人をケガさせてしまうケース、物を破損させたケースが対象となります。
この2つの保険、名前は似ていますが同じような補償内容と勘違いしないようにしてください。

アパート経営者は入っておくべき?

結論を言えば、「加入すべき」です。その理由ですが、2つあります。

1.保険料は比較的安い

施設賠償責任保険は、保険会社によって異なりますが年間数千円という金額で加入できます。アパート経営の経費としてあまり大きな負担ではありませんよね。年間数千円でアパートにより損害を受けた方の補償をしてくれるので、アパート経営における適切なリスク軽減対策と言えます。

2.補償金額が大きい

なかには、年間数千円で1億円の補償をしてくれるプランもあります。アパートが原因で大ケガをさせてしまったとしても、保険の補償だけで損害を賠償できるでしょう。

このように、施設賠償責任保険は少ない保険料で大きな補償をしてくれます。ぜひ加入してください。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787