不動産投資でアパートを購入したいとき、どのような準備が必要?

これからアパート経営をスタートする方のなかには、「欲しいアパートを探すことが最優先」と考える方も多いです。

しかし、そこからスタートするとアパートを手に入れることすらも難しい場合が多いです。まずは、しっかりと準備をして物件探しをスタートさせましょう。

お金は?書類は?何が必要?

アパート経営で必要な準備は次の4つです。

1.金融機関への融資申請用の準備物
2.仲介会社に対して、希望する物件の詳細を書いた資料
3.頭金
4.連帯保証人

1.金融機関への融資申請用の準備物

アパートを購入する際、現金で買われるケースはほとんどありません。不動産投資ローンを組んで融資資金により購入します。

そのためには、自分の資産がわかるものや主に利用している銀行口座の収支状況、カーローンなどがある場合はその残債務がわかるものといった、自分のお金の流れがわかる資料を一式用意します。

これらを担当者に見てもらい融資について相談します。

2.仲介会社に対して、希望する物件の詳細を書いた資料

この点については、仲介会社に一任するという考え方もあります。しかし、仲介会社も商売です。

売り主との関係上、早く売却しなければいけないアパートをすすめられることもあります。

その点、希望物件をしっかりと伝えれば仲介会社都合の物件をすすめられにくくなります。

3.頭金

住宅ローンと同じで頭金を用意します。頭金がなくともアパートローンが組めるケースもありますが、金利の条件が不利になりやすいです。

また、頭金が多ければ当然借入額も少なくてすみます。

4.連帯保証人

家族が連帯保証人となることが多いですが、物件を見つけた後に配偶者や親に連帯保証人になってもらおうとしても、説得に時間がかかり契約が流れてしまうこともあります。

アパートを決める前に連帯保証人となる家族の了解をとっておきましょう。

最初の準備が今後を左右する?

特に重要となるのが、金融機関に対しての準備です。決してやってはいけないことは、自分の欲しい物件を見た後にふらりと銀行に立ち寄り、相談することです。
金融機関が融資するときは、信用できる人間と契約します。そこで、担当者は契約者のお金の信用度、勤勉で慎重な性格かなどの人間性を審査します。
もし、ふらっと立ち寄り「5,000万円くらいのアパートを買いたい」と相談したとします。
何の資料ももたずに来た人間を担当者は信用しません。いい加減な人間と判断されてしまいます。その結果融資を断られる可能性も高いです。

反対に、給与明細や通帳、勤続年数や年収、なぜアパート経営をしたいかという志望動機などを、資料にして持ち込んだとします。
そのような融資希望者は、金融機関からしてもお金を貸したい相手となりやすいです。
思いつきで金融機関に行くのでは避け、先ほどお話したような資料を用意して相談に行きましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787