築浅アパートの良さとは?問題点はあるの?

築浅アパートの場合、入居者も集まりやすいので管理会社としても喜んで仲介します。また、建物も新しいため修繕やリフォームの必要もほとんどなく、オーナーとしても建物への大きな出費がないことが多いです。

今回は築浅アパートの良い点と将来的に気をつける点をお伝えします。

築浅アパートの良い点とは?

築浅アパートの良い点としては、

・建物が新しいので入居希望者が多い
・人口が多い、あるいは増えているエリアに建築されているケースが多い
・建物のメンテナンスや修繕、管理費用がかかりにくい
・はやりの間取りなので、リノベーションをしなくて良い
・数年後の売却もしやすく、売却益も狙える

といったメリットがあります。

このようなメリットがあるので、これから初めてアパート経営をスタートするオーナーにとってはリスクが少ないといえます。

また、築古アパートを購入した場合は将来的な売却が難しいです。
現実にはよほど立地が良くなければ、売却時間もかかり値下げをしての売却か、建て替えるというケースが大多数です。

しかし、築浅の場合は仮に10年後に売却したとしても建物の状態も悪くないアパートが多いです。
そのようなアパートはリフォームや修繕費もあまりかからないので、欲しがる不動産投資家からの需要も十分見込めます。
築浅アパートはリスクの少ない経営を望むオーナーにおすすめと言えるでしょう。

年数が経つと賃料が下がる?

アパートに限らず、建物というものは時間が経過するほど損傷が出てくるものです。そうなると、賃料の値下げをしなければならないアパートも少なくありません。

ただし、満室や高い入居率であればわざわざ賃料を下げる必要はありません。あくまで、「空室が目立つ」、「入居が決まらない」という問題が発生しているときに考えるものです。

築年数が相当経過しても満室経営できるアパートであれば、賃料はそのままで高い収益となります。

では、そのようなアパートの特徴は何かというと、

・交通アクセスが良く、商業施設が近隣にあるなど、生活がしやすく人口の多いエリア
・建物や敷地内の管理を丁寧に行い、築年数の割にきれいなアパート

という特徴があります。

つまり、とりあえず築浅アパートなら良いと考えるだけでなく、さらに

・築浅で人気エリアのアパートを探す
・満室だからと手を抜くのではなく、しっかりとアパートを管理する

そうすることが、築浅アパート経営のポイントと考えてください。
そのために管理会社がしっかりしているところを選びましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787