火災が起こったら?!アパート経営者が備えておくこととは?

火災保険は、「入居者が契約時に加入する」ため、オーナーはわざわざ加入する必要がないと思うかもしれません。残念ながらその認識は大きな間違いと言えます。

今回は、火災保険のポイントについて理解を深めていきましょう。

アパート経営者が加入する火災保険で備える

火災保険には、「借主」が加入するものと「貸主」が加入するものがあります。

まず、借主である入居者が加入する火災保険は、火災があった場合の「家財」の補償が中心となります。
火災を受けた場合の部屋の原状回復補償や一定の被害を与えた相手に補償する「借家人賠償保険」、「個人賠償保険」に加入するパターンが多いです。

これを見ると、貸主側が火災保険に加入する必要はなさそうに見えます。
しかし、「建物」の補償は借主が加入する保険では補償対応外になります。

そこで、オーナーは「建物」の補償や「施設賠償責任」、「家賃補償」に対応した火災保険に加入することになります。
さらに、アパートのエリアによって風災、水災、ひょう災、雪災など起こりやすい災害が違います。
火災保険では特約でそれらの災害についての補償もあります。

火災保険だけではさまざまな災害を補償してくれませんので、ご自分のアパートに合った内容の特約を付けて契約してください。

防火設備で備える

火災となった場合、火災保険に加入しているとしても、可能な限り被害を最小限度にとどめたいものです。

そこで重要となるのが防火設備です。

防火設備には、

・スプリンクラー
・火災報知器
・防火ドア

などがあります。

特に、設備として備え付けたものには定期的な点検が必要です。そうしなければ、いざというときに作動しないという最悪のケースも考えられます。

また、掲示板などに火元に注意を喚起するような張り紙をして、各入居者の防災に関する意識を高めるのも効果的です。
日頃の備えと火災保険で、火災に備えましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787