不動産のオーナーになるにはまず何が必要?

不動産を購入する場合、現金で購入するケースはほとんどありません。基本的には不動産投資向けの融資を利用することになります。

オーナーとなるには融資を好条件で受けることが最優先事項となります。

不動産のオーナーになるために必要な金額の目安は?

アパートの価格帯は大きな幅があります。安い物件は1,000万円台ですし、高い物件は1億円を超えます。このように金額の差が大きいと、「目安となる金額」が分かりにくいものです。

そこで、初めてアパートを購入する場合の1棟目の目安をお伝えします。
その価格帯は4,000万円~5,000万円の間と言われます。
さらに、物件を購入するためには仲介手数料、登記費用、そのほかの諸経費が物件価格に対して約5~8%かかります。
例えば、5,000万円の中古アパートでしたら多く見積もって約8%の諸経費がかかるので、合計5,400万円~5,500万円が必要になると考えてください。

また、物件取得費用は融資を利用するかと思います。
できれば500万円ほどの頭金で5,000万円のローンが組めれば、スムーズな流れでオーナーとなれるでしょう。

注意する点としては、築年数の相当経過したアパートを手に入れる場合です。
このようなケースでは物件を取得後、早急に修繕費用やリフォーム費用が発生する確率が高いです。そうなると、手元に現金がないと困ることになります。

そこで、

・頭金を少なくしてキャッシュを手元に残す
・突発的な経費が発生しても月々の支払いに困らない程度の返済額

を頭に入れて購入計画を進めてください。

(※金額はあくまで目安です。)

不動産オーナーに必要な資質ってある?

不動産オーナーになるためには、特別な才能は必要ありません。
しかし、資質として次の2つが必要となります。

1.お金を支出することに慎重

不動産経営は、家賃収入というひとつの収入源からさまざまな諸経費を差し引いて利益を出します。もし、「家賃収入=すべてが収入」と考えてお金を支出すれば赤字経営となりやすいです。
しかし、家賃収入を支出する前にさまざまな諸経費を計算するようなタイプの方は、支出に対して慎重に考えます。このようなオーナーは不動産収入の貯蓄ができるタイプになりやすいです。

2.不動産経営を任せきりにしない

不動産経営は管理会社や仲介会社、リフォーム業者などに任せて経営をします。しかし、物件に足を運んで自分の目で見て打ち合わせなどをする必要があります。


管理会社は管理物件に対して人手不足といった理由で、やりたくとも平等には対応できません。そうなると、細かいチェックの入るオーナーの物件には注意を払い、何も言わないオーナーの物件にはさまざまな見落としが発生します。
結果として、何も言わないオーナーの物件は入居率低下や建物の状態が悪くなるケースが多いです。
そのため、自分の目でも確認をしたうえでそれぞれの専門家に任せるオーナーは黒字経営ができるタイプになりやすいと言えます。
心がけ次第で誰でもできることなので、これらのことを頭に入れて不動産の経営をしましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787