新築アパートの経営を成功させるには?

新築アパートを知るには、中古アパートと比較することにより理解が深まります。また、新築アパートを経営する場合ならではのポイントもあります。

見落としてはいけないデメリットには注意しましょう。

新築アパートのメリット・デメリット

新築アパートのメリットは3つあります。

1.建てたいエリアにアパートを新築できる

新築の場合、建築場所を自分で選ぶことが可能です。「ここにアパートを建ててオーナーになりたい!」という夢をかなえられます。中古の場合、場所が決まっているので土地という部分においては妥協しなくてはなりません。

2.満室になりやすい

新築の場合、入居者から見たら新しく最新の設備がある魅力的な部屋です。当然入居したいという方は多いですので満室となりやすいです。中古の場合、建物の外観、室内、設備が古いことが多いので新築に比べて満室になりにくいです。

3.建物のメンテナンス費用がかかりにくい

新築の場合、基本的には修繕やリフォームの必要がありませんのでメンテナンス費用があまりかかりません。中古の場合、修繕費やリフォーム、大規模改修費用など経費の負担が大きくなりやすいです。


一方で、新築アパートのデメリットは2つあります。

1.総費用が中古アパートと比較して割高

新築の場合、建物の建築費がかかります。同じような規模のアパートであれば、中古アパートより新築アパートの方が1.5~2倍の総費用がかかります。

2.空室が多い場合、返済リスクが大きくなる

新築アパートは満室になりやすいですが、保証されているわけではありません。空室が多くなった場合、不動産ローンの借入額も大きいため返済が難しくなるデメリットがあります。

新築アパート経営のポイント

新築アパート経営を成功させるポイントは、「満室経営を前提でローンを組まず、建築費を安く設定する」ことです。

確かに、新築の場合は人気があるので満室になりやすいです。新築アパートのオーナーからすると自分の理想的なアパートを追求して、限度額までローンを組んで経営をしたいと思うかもしれません。
しかし、空室や家賃滞納などが起こった場合に銀行への返済が難しくなるケースも多いです。
そこで、ローンの金額を少なくして無理のない返済計画ができるかを慎重に確認してください。


赤字経営にしないために、シンプルなつくりにするといった建築費を抑えて建てる工夫をしましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787