激安で購入したアパート!経営で苦労する可能性は?

地方の物件のなかには、激安で売却されるアパートもあります。そして、そのようなアパートの多くが利回り15%を超えるようなケースが多いです。ただし、このようなアパートの経営は苦労する可能性が大です。今回は、激安アパートについてお伝えします。

激安アパートのメリットとデメリット

激安アパートのメリット

激安アパートのメリットは、「高い収益率の物件が手に入りやすい」と言えます。
まず、収益率である利回りを計算する方法ですが、

「収益率(利回り)%=年間合計賃料÷物件価格×100」

となります。
この式で計算すればわかりますが、同じ家賃でも物件価格が安ければ安いほど収益率が高くなります。

例えば、年間賃料300万で物件価格が6,000万円の場合と物件価格が4,500万円の場合を比べると

300万円÷6,000万円×100=収益率5%
300万円÷3,000万円×100=収益率10%

となり、同じ賃料でも物件が安くなれば収益率が上がることがわかります。
このように、激安物件のメリットは高い収益率をねらえるという点です。

激安アパートのデメリット

次に激安アパートのデメリットは、「立地が悪く空室が多い」、「建物が古い」といった物件が大多数であることです。
激安アパートの売り手はこのアパートではもうからないと考えて売りますので、買い手としてはこのようなデメリットを理解して購入する必要があります。

では、激安アパートの経営はうまくいかないのか?と言えば、現に成功している経営者もいます。
次に経営のポイントをお伝えします。

上手に経営するためのポイントをご紹介!

ポイントとしては2つあります。

1.空室問題を改善できるか?

激安物件には立地が悪いケースが多いので、重要なのは集客できるかという点です。
そのためには、仲介会社に協力をしてもらったり、自分で歩いて周辺エリアのお店やアクセスなどを調査し、物件情報に記載してもらったりします。
その結果「立地は良くないけれどそれなりに施設もあるしアクセスも悪くない」と感じてもらえ、入居率があがります。

2.建物維持に関する経費を少なくできるか?

建物の修繕費に相当の費用がかかることが多いです。そこで、業者に言われるがまま大規模改修を行うと、赤字経営になると想定されます。そうならないためには、最低限修繕すべきである場所を絞り、徐々に建物を改善していると入居者にアピールしてください。
そうすると、入居者は修繕が進んでいると実感できますし、オーナーとしても家賃から修繕費を出すことができますので、お金が足りないという事態を避けやすいです。
激安アパート経営ではアピールを工夫する、お金を一気につぎ込まないということをポイントとして覚えておいてください。

これから激安アパートを購入して経営を始める予定の方は、これらのことをふまえて経営することをおすすめします。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787