【アパート経営】オートロックは設備するのがマスト!?

賃貸物件における防犯上の問題を解決する設備としては、オートロックと防犯カメラが思い浮かぶと思います。オートロックは侵入者を防ぐため、防犯カメラは侵入の抑止と何か犯罪が起こった場合の犯人探しに役に立ちます。

今回は、オートロックについてお伝えします。

オートロックを設備する際のメリット

メリットとしては2つあります。

1.セキュリティに敏感な入居者が入りやすい

女性や家族がいる入居者は特に、防犯やセキュリティ面を重要視します。
例えば、2階建てのアパートの1階、2階ともに空室の場合は1階の方が何かと便利ですが、ベランダからの侵入を気にして2階を借りるという入居者が多いです。

このようにオートロックは、単身者の女性や家族連れの入居者を募集する場合にメリットとなります。

2.各部屋にカメラ付きインターホンの設備を付ける費用がかからない

オートロックを1つ設置すれば、すべての入居者に対しての防犯対策になります。それに比べてオートロックを設置しない場合、防犯対策としてカメラ付きインターホンの要望があり、1部屋に設置するとほかの入居者から「自分たちの部屋にも欲しい。」とクレームが出る恐れがあります。
オーナーからすると1室だけ設置して安くするつもりが、結局すべての部屋に設置して予想外に費用がかかることも多いです。

そうなると、オートロック1つの方が設置代は安くなるというメリットがあります。

実はデメリットもある

デメリットとしては2つあります。

1.外部から侵入した人間も疑われにくい

物件によっては塀を乗り越えて侵入できるものもあります。しかし、入居者から見ると住人かその関係者としか考えないケースが多いという点がデメリットです。

2.故障した場合の対処を考えておく

オートロックの鍵穴を入居者全員が常時利用することになります。その場合、強く鍵を回す動作を長期間繰り返せば、機械の調子が悪くなることがあります。これは、必ず起こるというレベルで想定してください。
そのようなときに、きちんと対応してもらえる業者を見つけておかなければ大きなクレームになります。
オートロックを使用する場合は、機械の故障により修繕費用が余分にかかったり、クレームにつながる可能性があるという点もデメリットのひとつとなるのです。

防犯上の理由からオートロックは必要不可欠だと感じますが、経営上デメリットがあることもしっかりと把握しておきましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787