投資用のアパート選びで失敗しないためのポイント!

不動産投資と言ってもワンルームマンション、マンション、一戸建て、商業ビルなどがありますが、物件価格と高めの利回りで人気があるのがアパート投資です。なかでも、新築よりも中古アパートを安く買って高い利回りを実現させるという手法が人気です。

今回は投資用アパートに関するポイントをお伝えします。

そもそも投資用のアパートとは?

不動産を買う場合、大多数の方が「自分の住む住居」として購入されると思います。しかし、投資用の物件は「人に貸して家賃をもらう」ために購入します。
アパートの場合、ワンルームマンションやマンションのように1部屋という単位ではなく、1棟単位で購入することになります。購入後、全体の賃料から管理費や修繕費、消耗品代などを差し引いて手元に残ったお金が収益となります。予算としては1棟4,000万円~6,000万円ほどの範囲が多く、サラリーマンでもローンが組める価格帯です。

また、投資用のアパートローンは1棟買うと次のアパートローンはあきらめなければならないという性質ではありません。
確かに、住宅ローンは基本としては自分の住む家一軒しか組めません。しかし、投資用のローンは物件の資産価値と安定した高い収益率を生み出せば、次の物件を購入するための投資用ローンが組める可能性があります。
そのようなメリットがあるのでサラリーマンの方が2棟、3棟とアパートを手に入れることができるのです。

投資用のアパートは、資産を増やす方法として人気がある理由をおわかりいただけたと思います。

どんなアパートに投資すれば失敗を回避できるのか

大きな判断基準としては2つあります。

1.すぐに売却できるアパート
2.今後人口流出が少ないエリア

1.すぐに売却できるアパート

売却しやすいアパートは、安定して収益を見込める物件です。反対に、長期間売りに出ていたり、相場より極端に利回りが高い物件は、売主が安値でも手放したい事情があると推測され、保有してから損失が出るリスクが高い物件と言えます。失敗しないためにも「すぐに買い手がつくようなアパート」を手に入れるようにしましょう。

2.今後人口流出が少ないエリア

日本の人口は減り続ける一方です。そうなると、今は良くとも10年後~15年後にはアパート経営が困難となるエリアも増えます。その点を注意して、利回りだけが高い地方のエリア物件を狙うのではなく、多少利回りが低くとも将来人口が減りにくいと予測されるエリアのアパートに投資をすべきだということになります。

投資用のアパートは何でも良いわけではありません。しっかりとポイントを押さえ、吟味してください。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787