オーナーインタビュー松花 賢和 様

不動産投資は、長く安定的に続けられる投資。
50代 / 会社員 / 松花 賢和 様

きっかけはともかく、始めてよかったアパート経営

自由に使える”小遣い銭”程度が入ればと始めたアパート経営。後に将来の金銭的不安に対して真剣に考えるようになり、振り返えると始めておいてよかったと松花オーナーは仰られます。当社で複数のアパートを所有され、他の投資先と比べても、不動産投資には始めるメリットがあると語る松花オーナーに不動産投資について伺いました。

なぜインベスターズクラウドを選ばれたのですか?

不動産投資というものに興味を持って調べ始めた時に、インターネットを使っていろいろと資料請求をしたんですね。資料請求をしたいくつかの会社の中で一番レスポンスが早かったのが、実はインベスターズクラウドさんで、来られた担当の方の人柄も良かったんです。
どういうところが良いかというと、正直で、とにかく売りたいんだという感じはなくて、どういうところに不安を持っているかを親身になって聞いてくださったり、そういうような話をすごく丁寧に時間をかけて説明してくださったんですね。
何よりも一番、私が「おっ」と思ったのが、最初の段階で具体的な物件の提案資料を持ってきてくださったことです。どれくらいの融資が必要で、その融資がとれそうかどうか、キャッシュフローがどれくらい生まれるのかというお話をしてくれました。最初は概念みたいな話だけなのかなと思っていたところに、どういうステップで始めていって、どんなリスクがあるのかということを最初に話してくれたことで、印象がすごく良かったですね。

オーナーになって良かったことは何ですか?

そうですね、良かったこととしては、不動産投資を始める前は私は専業サラリーマンと言いますか…会社員としての給与を受け取るだけでした。こういう方は多いと思うんですけど、自分がどれだけの税金を払っているのかということにあまり意識が向いていなかったんです。給与明細の中で、それこそ源泉されているだけで。
実際に不動産投資を始めてみますと、損益通算と言いますか、節税を積極的にできるという面があります。それに伴って税金というものへの意識が随分と変わったということが、不動産投資を始めて良かったことの一つかなと思っています。

アパート経営を始める方へアドバイスをお願いします。

やはり一番大きな問題として、不動産投資を始める際に融資を含めて大きな負債を抱えることになることが、心理障壁としてかなり大きいと思うんですね。実際に資金を借りて投資を始めてから空室が出たらどうしようとか、何か別に費用がかかるんじゃないかとか…こういった不安があると思うんですけど、まず私がオススメするのは、融資を受けて不動産投資を始めることができる属性にある方は、勇気を持って飛び込んでみたらいいと思っています。
そもそも興味がある方の中には、不動産投資を始める属性が自分にあるのかないのかが最初はなかなかわからない方も多いと思うので、興味を持った時点で一度問い合わせてみると良いのではと思います。
実際に不動産投資を始めてみると、大きな融資に対する不安というものは株式であったり、FXであったりというものに比べますと、地震があった時のために地震保険がありますし、空室に対してはそれに対する対策をとれたりだとか、大きな不安に対していろいろと対策をとることができます。あとは、株式同様に価値が下がったり上がったりということはあるんですけど、非常にそのカーブが緩やかで、危ないなと思ったら引き上げても大丈夫なわけですし、そこまで融資に対する恐怖心みたいなものは心配しなくても、この不動産投資は安定的に続けられる投資なんじゃないかなと思います。 興味を持たれた方は、まずはいろいろと資料を請求したり、飛び込んでみてはいかがかなという風に思います。

TATERU 資料請求
TATERU 資料請求