TATERU 相続税デスク

相続・贈与の相談を初回無料でお受けします

半世紀ぶりの法改正(平成27年1月1日施行)で、相続税を課される家庭が急増しているようです。
手続きを突然求められて、あわててしまうことがないように。
TATERUでは今、気兼ねなくご利用いただける初回無料相談をスタートしました。

  • 相続について全く知識のない方
    漠然と不安をお持ちの方

    • ・相続って自分にも関係あるの?
    • ・相続税が発生したらどうしよう・・・
    • ・全く知識がないから不安・・・
  • 相続について具体的なお悩み
    をお持ちの方

    • ・税理士や銀行の提案は受けているけど別の意見も聞いてみたい・・・
    • ・相続対策としてのアパート経営を効果的に活用したい
    • ・金額が大きくて、このままでは支払えないかもしれない・・・

TATERUでは、相続税に関することでお困りの方へ、初回無料相談を開始いたしました。
すでに提案を受けている方のセカンドオピニオンとしての相談も受付けております。
相続の専門家がわかりやすくご説明いたしますので、お気軽にご相談ください。

現在(2016年)は、相続対策が市民すべてに要求される時代になりました。

相続対策は非常に奥が深いもの。TVドラマや小説でも、数億円単位の大金が動くエピソードはよく見かけますね。
そして現在「一般には縁がないもの」と見られてきた相続対策がとても身近な話題になっているところです。
平凡なサラリーマン家庭でも「相続対策をするかしないかで、数百万~数千万円もの損をするかor得をするか分かれてしまう」、
そのようなことが当たり前のように起こっているのです。

  • 相続対策が必要な理由 1

    今までその必要がなかった家庭にまで相続税が課税される可能性があります

    「うちには関係ない」
    「たいした遺産もないことだし」
    そう思い込んでいて後悔する羽目になった方が増えているようです。

  • 相続対策が必要な理由 2

    不幸の到来は予測できません

    不幸の到来は予測できません。
    「もっと早く準備しておけば……」
    後悔する方が毎年多いようです。

  • 相続対策が必要な理由 3

    必要な税額を、思うように支払えないパターンがあります

    不動産のような簡単に処分できない財産があると、
    払い方に窮することがあります。
    大損をしてしまう恐れも考えられます。

2015年1月に税制改正。相続課税対象者が増加。

2015年(平成27年)1月に、「相続税及び贈与税の税制改正」が施行されました。
この改正で変わった最大のポイントといえば、基礎控除額が40%も引き下げられたことです。

  • たとえば、法定相続人が1名の場合

    基礎控除額が6000万円から3600万円に
    引き下げられ相続税対象者が増加

  • たとえば、相続人が1名の場合

    • 2014年までの基礎控除額
      「5000万円+1000万円×法定相続人の数」
    • 2015年までの基礎控除額
      「3000万円+600万円×法定相続人の数」

・基礎控除額は2400万円も下がります。
・遺産の総額が4000万円だった場合なら、2015年からは相続税が免除されません。

このように、現在は2年前と比べると相続税を多めに払わなければならないケースが確実に増えています。

TATERUでは税制改正後、相続に関するご相談が増加

TATERUでも相続税対策のお客様、お困りのお客さまが増加しており、
2014年と2015年のご相談数が約3.6倍と急増しています。
税制改正により、相続において事前対策の重要性がより一層高まっています。
※2014年1月~2015年12月 当社調べ

相続税の申告や諸手続、相続税対策は非常に複雑。
相続税の相談は、専門家からアドバイスを受けることが望ましいです。

根拠は無く「だろう」ということで何もしないのは危険です。 相続の仕組みは非常に複雑にできております。相続税法や所得税法等関連税法を熟知していることはもちろん、それらと同じく不動産評価・生命保険のしくみに精通していなければなりません。

相続税や贈与税でわからないことがある場合は、なるべく多様な視点からアドバイスを受けることがベストです。 問題に直面する前に、専門家に一度ご相談されることをおすすめします。

TATERUではこれまでの相談実績・事例の経験をもとに、 相続に関する税務対策・資産活用・土地活用などあらゆる視点での ご相談を可能にしています。

不動産がある場合に「失敗しない相続」をするには?

土地や建物は価値が高いものがほとんどで、しばしば相続手続きの対象になりますね。 2015年の法改正の影響もあり、今後は不動産の相続でトラブルに見舞われるケースは増えるものと予測されています。

不動産をお持ちの方が抱える相続トラブル

トラブル例 1

相続税を支払い切れなくなってしまう

不動産を相続すると高額な税金が発生します。しかし預貯金等がじゅうぶんにない場合は払えなくなるリスクがあります。準備をしておかないと「せっかく相続した不動産を売却するしかない」という事態になることがあります。

トラブル例 2

相続人の間で揉め事になってしまう

不動産を2名以上の相続人で分割することになると、公平な方法で分けることが難しくなります。実際に、血を分けた兄弟姉妹等の間で訴訟が起こった例は昔から少なくありません。

トラブルを避けるには?

不動産を相続する予定がある場合は、とにかく早めに準備をしておくことが大切です。

特におすすめな手は、いろいろなスペシャリストたちがいる場所を選んで相談すること。 セカンドオピニオンとして、別の専門家に相談することもおすすめてしています。

早い段階で、専門分野の異なるさまざまなスペシャリストから
アドバイスを受けておくことが、無駄のない相続対策につながります。

よくある質問

相談は、本当に無料でできるのですか?何か条件がついたり、途中からお金がかかったりするわけではないのでしょうか?
相談は初回のみ無料でお受けしております。 TATERUでは、ほかにも多様なサービスを提供しておりますので、相談の最中にそれらにご興味をお持ちくださった場合は、改めて条件等を説明する場を設けさせていただきますが、相続の相談については初回無料です。
家族の事情や、うちの財産のことをお話しないといけないと思うのですが、秘密は守られるでしょうか?
ご安心ください。TATERUでは常にお客様のプライバシー保護に細心の注意を払って取り組んでおり、お問い合わせしてくださった方の情報の適正な取扱いに努めております。
よそで相談をしてるんですけど、そこで受けた説明にちょっと疑問があるんです。そういうことを質問することもOKですか?
もちろんです。TATERUにはすでに、よその機関に相談した経験をお持ちの方がよくお見えになります。セカンドオピニオンのつもりでお気軽にお問い合わせいただいてかまいません。

ご相談専用フォーム

お名前*【全角】
ふりがな【全角ひらがな】
e-mailアドレス*【半角英数】
携帯電話番号*【半角】
※固定電話番号も可能です。*は必須項目です。
お問い合わせ内容
ご希望連絡方法
   
お問い合わせいただく際のご注意

当社は、お客様からいただく個人情報の保護に細心の注意を払って取り組んでおり、お客様の個人情報を個人情報保護法その他関係法令およびガイドライン等を遵守し、適正な取扱いに努めてまいります。個人情報の取扱全般に関する当社の考え方につきましては、「プライバシーポリシー」をご覧ください。

本お問い合わせに関する個人情報の第三者提供

1)利用目的
お問い合わせに対し適切な回答をするために、当社提携先に個人情報を含むお問い合わせ内容を転送することがございます。

2)第三者に提供される個人情報の項目
氏名、電話番号、電子メールアドレス等、お問い合わせフォームにご記入いただいた内容

3)第三者への提供の手段
電子媒体の形式で、回答させる提携先へ連絡いたします。

4)第三者への提供停止
お客様は個人情報の第三者への提供の停止を求めることができます。

5)個人情報に関するお問い合わせ窓口
〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27番25号 オリックス南青山ビル7階
お問い合わせ窓口 TEL:0120-008-114
受付時間:平日(土曜日、日曜日、祝日、年末年始・夏季休業は除く)10:00?17:00

以上の内容を全て確認し、内容に同意される方はチェックの上、確認画面へお進みください。

当社個人情報の取扱いを確認し、内容に同意される方はチェックの上、確認画面へお進みください。
 

個人情報の提供・委託、開示等の請求、提出の任意性に関する取り扱いについては、当サイトの「プライバシーポリシー」をご覧ください。
※このページはSSLにより暗号化されています。

TATERU 資料請求
TATERU 資料請求