リアルエステート特化型APIプラットフォーム
「API CLOUD」の開発開始
子会社iApartment がAPIのクラウドソリューションを提供

2016/12/15

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)の子会社である株式会社iApartment(代表取締役:吉村直也、以下iApartment)は、リアルエステート特化型のAPIプラットフォーム「API CLOUD」の開発に着手いたしましたのでお知らせします。

main

リアルエステート特化型のAPIプラットフォーム「API CLOUD」の開発

この度iApartmet が開発を行う「API CLOUD」はリアルエステート(不動産)に特化したAPIプラットフォームです。
IoT機器を開発しないまたは所有しないディベロッパーでも「API CLOUD」を活用することで、様々なIoT機器との連携を容易にし、IoT 機器の管理と業務に必要な操作を可能にするシステム開発が行えます。さらに、パートナーと連携して必要なAPIを双方で開発し、最適なビジネスソリューションを開発できる環境を目指します。

昨今のIoTデバイスの普及に伴い、今後消費者のライフスタイルは大きく変わっていくことが予想されます。優れたサービスやデバイスを開発する企業との連携を加速させることにより、企業を超えたエンドツーエンドソリューションが行える開発環境を提供してまいります。

「TATERU kit」とは

「TATERU kit」は、室内に設置したタブレットがスマートフォンと連動し外出先からでも来訪者動画を見ながら受話応答、不在時の室内確認など行うことができるスマートドアホンです。また、室内に設置したタブレットがセントラルコントロールとして、様々なIoT機器(スマート家電など)との連携を図ります。
セントラルコントロールは、システムの中枢となる機器を設置し、その機器を中心に様々なIoT機器をコントロールできるシステムのことを指します。「TATERU kit」は室内のタブレットにより、各種IoT機器が連動することで、ご自身のスマートフォンなどのデバイスから室内のIoT機器を遠隔操作することを可能にするスマートアパートのシステムです。

動画イメージ1 動画イメージ2

「TATERU kit」が設置されたスマートアパート

「TATERU kit」を設置した賃貸住宅スマートアパートでは、簡単にあらゆるIoT機器と連動させることが可能となります。「TATERU kit」を使えば、専用のアプリでタブレットやスマートフォンを通じ、スマートキーの操作や、外出先で訪問者の対応、照明の明るさやエアコンの温度調整などが、どこからでもコントロールできます。
入居者、民泊宿泊者、管理会社など、利用者のスタイルに合わせて、もっと便利に、スマートなサービスを提供いたします。

「TATERU kit」予定機能

スマートドアホン
外出先から訪問者の対応をすることが可能です。訪問者履歴も残るので、不在時の訪問者を後から確認できます。
「TATERU kit」との連携イメージ
スマートキー
スマートフォンアプリで鍵の操作が可能です。
照明
対応の照明機器をスマートフォンアプリでコントロールすることができます。明るさを調整したり、色の調整も可能です。
エアコン
スマートフォンアプリで外出先からもエアコンの操作が可能です。家に着く頃には快適な室内温度に設定することも可能です。
室内カメラ
飼っているペットの様子を外出先から見ることも可能です。人感センサーと連動して、動画を残すこともできます。
セキュリティー
セキュリティセンサーと連動することで、もしもの場合にいち早くスマートフォンアプリに通知が届きます。
チャットコンシェルジュ
入居者向けのチャットコンシェルジュです。管理会社への直接チャットや通話も可能です。
<入居者様の活用例>
・スマートドアホン
・鍵の開閉管理
・セキュリティー対策
・温度管理、調光操作
・その他IoT機器のコントロール

<民泊サービスでの活用例>
・コンシェルジュ機能
・宿泊者の入退室管理(入退室手続きをIT化)
・宿泊者のセキュリティー対策
・温度管理、調光操作
<不動産管理会社様での活用例>
・内見時の鍵貸し出しをIT化
(内見を容易にし、入居率アップを図る)
・空室時のセキュリティー対策
・温度管理、調光操作
※機能は開発段階の予定となり、実際の製品とは異なる場合があります。

報道関係者様のお問合わせ先

インベスターズクラウド 広報課
TEL:03-6721-0720 MAIL:pr@e-inv.co.jp

TATERU 資料請求
TATERU 資料請求