アパート経営するなら損益分岐点は要チェック!

損益分岐点はアパート経営などの不動産投資専門用語ではなく、商売、事業において頻繁に利用されている指標となる数字です。

アパート経営の売上高が最低いくらあれば赤字にならないかを教えてくれるのが、この損益分岐点なのです。

そもそも「損益分岐点」って?

損益分岐点とは、利益が0円(赤字でも黒字でもない)の売上高を示す点です。したがって、売り上げが損益分岐点を下回る場合は、経営が赤字となります。反対に、損益分岐点を上回ったときの経営は黒字となるのです。

損益分岐点を考える場合に必要となるポイントが2つあります。それは、固定費と変動費です。

固定費とは、売上が上がろうが下がろうが影響を受けない費用のことで、固定資産税や保険料などを指します。変動費とは、管理費や修繕費などを指します。

アパート経営では固定費や変動費という概念ではなく、家賃収入と支払額をもとに赤字にならないための入居率を計算することになります。

まとめると、アパート経営における損益分岐点とは、適正な家賃設定で赤字にならないための入居率を判断する指標と考えてください。

損益分岐点の計算方法

アパート経営においての損益分岐点の計算式は以下のとおりです。

損益分岐点=(アパート経営の諸経費+ローン返済額)÷家賃収入

ここでは、具体例を入れて考えてみましょう。

アパート経営の諸経費…月20万円
ローン返済額…月40万円
満室時の家賃…月80万円の場合、
損益分岐点=(20万円+40万円)÷80万円
損益分岐点=0.75

これを%で表すと75%となり、75%以上の入居率を維持しなければ赤字となるということが分かります。

黒字経営のための入居率が分かる損益分岐点については、しっかりと内容を理解して自分で計算できるようにしてからアパート経営をスタートすることをおすすめします。

>>アパート投資で年収をアップしたい方へ

【編集部オススメ記事(外部サイトに移動します)】
・不動産投資の収益から見えてくる良い投資物件の基本中の基本とは(TATE-MAGA)
・気になるマンション・アパートオーナーの平均的な年収とは?(TATE-MAGA)
・アパート経営が儲かる5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営に失敗する人に共通する5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営成功者の共通点とは?(TATE-MAGA)

収益

実質を見るのが肝心?不動産投資における利回りの見方

【アパート経営】部屋数は多い方がお得?

不動産への投資信託、REITが気になる

土地へ投資して収益をあげる方法とは

もっと収益を上げたい!アパート経営で2棟目を考えているなら

アパート経営を行う場合の年収ってどれぐらいあるの?

最新記事

アパート経営者が地震に備えてしておくこととは?

火災が起こったら?!アパート経営者が備えておくこととは?

アパート経営は副業としておすすめ?

儲かる?儲からない?ワンルームマンションの経営

不動産のオーナーになるにはまず何が必要?

新築アパートの経営を成功させるには?

TATERU 資料請求
TATERU 資料請求