アパート経営につきものの固定資産税。実際の支払いについて知ろう

これまでにアパートや不動産を所有したことがない方からすると、固定資産税は馴染みが少ないと思います。

今回は、固定資産税における基本的なポイントをお伝えしていきます。ポイントをしっかりおさえ、先延ばしで払うことのデメリットなどを正しく理解しておきましょう。

固定資産税はどう払う?いつ払う?

固定資産税は不動産を所有することに対してかかる税金であり、アパート経営の場合は土地と建物にかかります。

固定資産税は1月1日の所有者に対して、その年の4月1日から翌年3月31日までの1年間分が請求されるものです。

実際の取引では、1月1日に所有権が移転することはほとんどありません。売り主と買い主、それぞれが自分の所有期間である日数分をそれぞれ負担することになります。

では、いくらかかるかという金額の計算方法についてご説明します。地方自治体が評価した評価額に1.4%をかけた金額が固定資産税としての費用だと考えてください。

例えば、土地の評価額が1,000万円であったとしましょう。
1,000万円×1.4%=14万円

次に、建物の評価額も1,000万円であったとすれば、以下のとおりです。
1,000万円×1.4%=14万円

つまり、合計28万円が1年間の固定資産税となるのです。

固定資産税の納付書は、4月~6月位にその年1月1日時点の所有者に送付されます。各地方自治体により支払い期日は異なりますが、年4回に分けて支払いを行います。

遅れると延滞金が!念のため、延滞金の概要について知っておこう

固定資産税の通知は納付書が送付されるだけです。納付期限内であれば、電話がかかってきたり税務の職員が徴収しに来たりするわけではありません。そうなると、ついつい期限内に納付を忘れることもあるでしょう。しかし、その場合は延滞金が発生します。

延滞金は地方自治体により異なりますが、

・納付期限の翌日から1か月を経過するまでは年約3%
・それ以降は年約9%

となります。

固定資産税はアパートを経営する以上、絶対に支払う費用です。アパート経営者の義務ですので、納付期限内に確実に納め、延滞金を支払わないで済むようにしましょう。

>>入居率98%で毎月安定した家賃収入が見込めるアパート経営とは

【編集部オススメ記事(外部サイトに移動します)】
・不動産投資の収益から見えてくる良い投資物件の基本中の基本とは(TATE-MAGA)
・気になるマンション・アパートオーナーの平均的な年収とは?(TATE-MAGA)
・アパート経営が儲かる5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営に失敗する人に共通する5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営成功者の共通点とは?(TATE-MAGA)

税金

アパート経営につきものの固定資産税。実際の支払いについて知ろう

アパート経営でリフォームをするときに覚えておきたい税務上の費用の扱い

確定申告の方法のひとつ、白色申告についても知っておこう

アパート経営の確定申告は青色申告にしよう

アパート経営の税金計算に関係する減価償却費

アパート経営の確定申告を税理士に任せたい

最新記事

アパート経営を共同名義にしたい、その前に考えておきたいこと

アパート経営するなら損益分岐点は要チェック!

アパート経営につきものの固定資産税。実際の支払いについて知ろう

アパート経営はするな!と言われるのは何故?

公務員でもアパート経営は可能なの?

アパート経営に関するセミナーはある?どんなことを学べるのか