アパート経営の確定申告は青色申告にしよう

「確定申告は面倒だからとりあえず終わらせよう」と考えてはいませんか?
確かに、自分で確定申告を行うには知識と時間が必要になります。
しかし、それによって、損をすることなく将来的なメリットが得られるのです。

青色申告のメリット

青色申告のメリットは数多くありますが、アパート経営においては次の3つが大きなメリットとなります。

1. 青色申告特別控除(後述)
2. 生計が同じ家族への給与を経費とできる
3. 今年度の赤字を3年間繰り越せる

「生計が同じ家族への給与を経費とできる」というのは、たとえばアパートの掃除などの管理を配偶者にしてもらい、毎月5万円の給与を支払えば1年間で60万円の経費となり節税効果が発生します。

「今年度の赤字を3年間繰り越せる」についてですが、今年100万円の赤字を出せば、来年からの3年間の黒字から今年100万円の赤字分を引くことが可能となります。
そうなれば利益である黒字の金額が減りますので支払うべき税金が少なくなります。

青色申告特別控除とは?

青色申告のもうひとつのメリット、青色申告特別控除とは、アパート経営の売り上げから65万円を控除できるという制度です。

ただし、複式簿記による記帳の提出と貸借対照表、損益計算書の提出が必要となります。これらの書類をきちんと記入して確定申告期限内(毎年3月の中旬)に申告を終わらせる必要があります。
実際に65万円が控除された場合、所得税、住民税、国民健康保険料が安くなるというメリットがあります。

青色申告をする場合、領収書の管理や毎月の賃料収入や支出を把握する必要はありますが、これらはアパート経営者として当然理解しておく内容であるとも言えます。
青色申告を行い節税効果を得られたら、アパート経営者としてもスキルアップしましょう。

>>不動産投資で年収をアップしたい方へ

税金

アパート経営における印紙税について押さえておこう

アパートの家賃収入の税金はどれぐらいかかるのか?

アパート経営をするときに気をつける帳簿の付け方

アパート経営をする際に避けられない事業税とは?!

アパート経営でマイナンバーが関係する場面はあるのか?

アパート経営につきものの固定資産税。実際の支払いについて知ろう

最新記事

アパート経営を行う際、連帯保証人の役割とは?

もっと収益を上げたい!アパート経営で2棟目を考えているなら

アパート経営における印紙税について押さえておこう

アパート経営をするなかで建て替えのタイミングが知りたい!

アパート経営の心強い味方!おすすめの会計ソフトは?

既に土地がある場合のアパート経営は有利?建てない方が良い場合は?