土地の遺産分割ってどうやるの?

遺産分割に関係するのは、基本的には兄弟や親(父又は母)のみです。
身内だから簡単に話が進むと思われがちですが、実際には骨肉の争いに発展するケースも少なくないです。そうなってしまわないためにも普段から最善の分割方法などを考えることが大切です。

遺産分割の方法

遺産分割の方法は、
・現物分割
・代償分割
・換価分割
の3つがあります。

・現物分割
土地や現金、株式などをそれぞれの相続人に相続させます。
たとえば、土地は配偶者、現金は長男、株式は長女に相続させるという方法です。

・代償分割
相続分以上の土地を相続して、多い分を現金等で他の相続人に支払う方法です。
たとえば、土地しか財産がない場合、長女が土地すべてを相続して次女に相続分より多い300万円を支払い平等に相続させたと考えます。

・換価分割
遺産を売却して金銭という形で相続人が遺産として得る方法です。
お金という形で分割するわかりやすい方法ですが、土地を売る場合は処分費用もあります。場合によっては処分費用が多く、提案した相続人にその負担分の費用を支払わせるといったもめ事にも発展しやすいです。

遺産分割協議とは

遺言がない場合、相続人が話し合って相続することになります。
ただし、注意しなければならないのが、相続人全員の合意が前提ということです。
多数決で決めることや、相続人の1人が連絡が取れないので省くといったことは許されません。

また、遺産分割で協議する場合は法定相続分である必要はありません。
土地において考えると、たとえば、他の相続人が合意すれば親の介護をしていた相続人1人に単独で相続させる遺産分割協議も可能です。

注意すべき点として、遺産分割協議書という合意書にサインと印鑑を押す段階になったとき、文面に記されている内容を把握せずにサインと印鑑を押さないようにするということです。
しっかりと、話し合った内容と同じかを確認しましょう。

任意後見制度とは

任意後見制度とは、本人が元気な内に「今後、私の判断能力に問題が発生したときの支援者をあらかじめ選ぶ」制度です。

任意後見制度には3つのパターンがあります。

1将来型
現状は問題がないので、将来自分の財産等の管理を任せる人を選ぶ制度です。

2移行型
少しずつ本人の財産管理をしながら将来的には後見人として活動してもらう制度です。

3即効型

すぐに任意後見人として活動してもらう制度です。
これら任意後見制度において、法定後見制度と異なるのは、本人の希望により後見人を誰にするか選ぶことができるという点です。

一歩間違えるとトラブルにも発展しかねない遺産分割。
間違った知識をつけないためにも、専門家に相談してみるのも良いでしょう。

>>不動産投資で年収をアップしたい方へ

相続

土地の遺産分割ってどうやるの?

不動産相続手続きの必要書類について

不動産相続の場合、評価額を低く抑えることができる理由

土地をもらったら相続登記を!相続に関する基礎知識

不動産も生前贈与ができる?

土地建物の名義変更手順とは?

最新記事

アパート経営を行う際、連帯保証人の役割とは?

もっと収益を上げたい!アパート経営で2棟目を考えているなら

アパート経営における印紙税について押さえておこう

アパート経営をするなかで建て替えのタイミングが知りたい!

アパート経営の心強い味方!おすすめの会計ソフトは?

既に土地がある場合のアパート経営は有利?建てない方が良い場合は?