アパートの部屋タイプにはどんなものがある?

アパートは、部屋数が多いだけで人気が出るわけではありません。
人気のアパートに共通するのは、「ゆったりとした空間が確保されているかどうか」です。
ここでは、アパートの部屋について具体的な間取りをご紹介します。

ファミリータイプ

家族向けの間取りなら2人~4人で住むことが多いでしょう。
間取りとしては、2DK、2LDK、3DK、3LDKが一般的です。
「DK」と「LDK」の違いは、一言で言えば「広さの違い」です。アパートの場合、10畳に満たない場合はDK、10畳以上の場合はLDKとイメージすると良いでしょう。

最近人気のタイプは、使い勝手の良いシステムキッチンに12~15畳の広めのリビングがあり、6畳~8畳の寝室や子供部屋がついたタイプです。
できれば寝室や子供部屋も広めというのが理想かもしれませんが、最近は、リビングを広くして開放的な部屋でゆっくり過ごしたいという入居者が増えているようです。

また、ベランダも物干し竿をかけて利用するのが精一杯という小さなサイズより、布団を干せるような広めのベランダが人気です。

単身者向けタイプ

「ワンルームでは狭すぎる。だけど2LDKでは少し広すぎる」と感じる単身者のために、1人でゆったりと住めて将来結婚しても一定期間は配偶者と一緒に住めるようなアパートも出てきています。

このような単身者向けの間取りとしては、広めの1LDKが人気です。
15畳ほどのLDKに8畳ほどの部屋が1つあるという間取りですが、1人暮らしには十分な広さですし、2人で生活したとしても狭くはないので、転居の必要もなくそのまま生活できます。
引っ越しや新しい部屋を借りるための初期費用などの出費なく生活を続ける事ができる点は入居者にとって大きなメリットと言えるでしょう。

2つを併せ持つタイプ

ファミリー、単身者の両方の用途に使える間取りとしては2LDKがおすすめです。
リビングは12畳ほどで4畳半~6畳の部屋が2部屋ある間取りです。
このようなタイプでは、子供が生まれたとしても自分たちの寝室と子供部屋を確保できるというメリットがあります。ただし、大容量の収納場所がないため、デッドスペースなどに収納部分を多数設置するなどの工夫も必要でしょう。

アパートを建てる際はそこに住む人のことをイメージしつつ、どのような工夫があればさらに暮らしやすくなるかということを考えたうえで間取りを決めるようにしましょう。
入居者に優しい間取りのアパートを建てることで、人気物件の仲間入りを果たすかもしれません。

>>不動産投資で年収をアップしたい方へ

アパート経営とは?

アパート経営者が知っておくべき「都市計画税」の実態

加入は必須!?施設賠償責任保険について

不動産投資でアパートを購入したいとき、どのような準備が必要?

築浅アパートの良さとは?問題点はあるの?

アパートの内覧会で見ておくべきポイントとは?

アパート経営者が地震に備えてしておくこととは?

最新記事

アパート経営者が知っておくべき「都市計画税」の実態

不動産経営は利益を出せる?知らなければいけないポイントとは?

加入は必須!?施設賠償責任保険について

不動産の相続はトラブルが起きやすい?事前の対策が必須!

不動産投資でアパートを購入したいとき、どのような準備が必要?

築浅アパートの良さとは?問題点はあるの?

TATERU 資料請求
TATERU 資料請求