オーナーインタビュー大岸 よしひろ様 ゆう様

早く始めれば、それだけ有利。 
迷っているなら、始めてほしい。40代 / 会社員 / 大岸 よしひろ様 ゆう様

あの時、アパート経営を始めてよかった。

とおっしゃるのは、3人のお子さまをもつ大岸ご夫妻。最近の休日は、家族みんなでオートバイ競技のモトクロスを楽しまれていらっしゃるそうです。所有される物件にお互いの誕生日の星座の名称をつけるなど、アパート経営もお二人で楽しんでいらっしゃる大岸ご夫妻。今回はそんなお二人に、アパート経営を始めたきっかけから女性目線のご意見まで伺いました。

アパート経営を始められたきっかけを教えてください。

よしひろ様:30代に入ってすぐの頃に病気になり、会社を10ヶ月間ほど休まなければいけなくなった時があって、自分は何歳まで元気に働けるんだろうと冷静になって考えたことがきっかけでした。その時に、自分が働いていなくてもお金が入ってくる仕組みがあれば、将来も安心だなと思ったんです。以前も投資信託や株を持っていたんですが、ギャンブル性の低い投資を始めたいと思って。それで、安定した収入を得られるアパート経営を始めようと決意したんです。

なぜインベスターズクラウドを選ばれたのですか?

よしひろ様:最初は、どこの業者さんがいいのかということは全く意識していませんでした。アパート経営をやろうと決意してからは、まず徹底的に勉強をしたんです。本を買ったり、不動産投資スクールに通ったり……。4ヶ月間くらいはひたすら知識をインプットしましたね。いろいろな本を読んでいくうちに、アパート経営をされている林勇介さんの著作本を読んで、内容にとても共感できたんです。その林さんがインベスターズクラウドでアパート経営をされていると知って、それならと連絡をとりました。
ゆう様:主人から最初に話を聞いた時は、不安だったんです。でも、入居率の表を見せてもらった時に、こんなにも高い入居率の会社があるのかとびっくりしました。それで、私も一度お会いしてみたいと思ったんです。

所有するアパートを初めて見た時の印象はいかがでしたか?

ゆう様:他のアパートとは全く違うアパートというのが第一印象でした。部屋に入った瞬間、ここだったら私も住みたいと思いましたね。部屋の中には階段があったり、アンダーロフトという珍しいスペースがあったりして、気に入っています。

アパート経営を始められた今の心境はいかがですか?

よしひろ様:あの時に始めてよかったと思いますね。毎月、通帳に印字されていく数字を見ると、自分がいないところでもしっかりと利益が出ているんだなと実感できています。
ゆう様:以前は私も仕事をしていたので、子どもたちのことをきちんと見てあげられない時がありました。子どもが熱を出しても仕事に行かなければならなかったり、仕事中心の生活になってしまっていたんです。アパート経営を始めてからは、家庭のことを集中して考えられるようになりましたし、気持ちの面でも安心して過ごすことができています。

投資に関しての次の目標がありましたら、教えてください。

よしひろ様:銀行から借り入れをしていますので、もう2、3年はアパート経営の実績づくりをしようと思っています。その後に、今度は銀行に金利を下げる交渉をするのが今の目標です。なので、棟数を増やしていくかどうかについてはまだ具体的には考えていません。でも、もうすぐ3棟目のアパートも建ちますので、いずれは4棟、5棟と増やしていければなとは思っています。

これからアパート経営を始められる方に、アドバイスをお願いします。

よしひろ様:アパート経営は、銀行からお金を借りるということと切っても切れない投資です。若い頃に借りられればそれに越したことはなくて、だんだん年をとると借りられる年数も減ってくるもの。だからこそ、アパート経営をやってみたいと思われている方は、なるべく早くに始められた方がいいと思います。でも、何の知識もなく始めることほど危険なことはないので、まずは勉強を。自分に合う投資なのかどうかをきちんと見極めてから、始められることをオススメしたいですね。