オーナーインタビュー須藤 孝治 様

自分の手で何かを成し遂げたい 
やれる自信もあった40代 / 会社経営 / 須藤 孝治 様

10年前の自分だったら、不動産投資は考えられなかった

銀行員を経て、現在は会社経営をされている須藤オーナー。「危ない橋は渡らないという考えの人間なので、今まで投資に挑戦したことはありませんでしたが、そんな私でも、不動産投資なら確実に資産を増やしていけるということに気づいたんです」とおっしゃいます。堅実派である須藤オーナーが、アパート経営を始めた理由は何だったのかや、ご自身の考えるアパート経営のメリットなど、詳しく伺いました。

不動産投資を始めるきっかけは何だったのでしょうか?

会社を経営していましたので、経営というものは身近に感じていました。会社がそろそろ終わりを迎えようとしていた時、次は何をしようか考えていたんです。
ベンチャー企業に入るだとか会社を自分で起こすだとか……。そんな時にある会社から電話が来て少し強引にではあったんですが、節税や生命保険の代わりにもなると勧められワンルームマンションを購入しました。その時はわけもわからずという感じでしたが、こういう資産の増やし方もあるんだなと逆に勉強させてもらいました。

その後アパート経営に着手されたわけですが、様々な会社の中からなぜインベスターズクラウドを選ばれたのでしょうか?

インベスターズクラウドはこれからの会社だと思いました。雰囲気というかひらめきというか……洗練されていると感じましたし、他に比べて胡散臭さがなかったですね。ビジネスプランもしっかり数字で見せてくれ、信頼できる会社だと思いました。

お持ちのアパート満室ですね。管理体制についてですが、ご自身で何かされていることはありますか?

物件にはすぐに行くことができませんので、基本的に今はインベスターズクラウドに丸投げ状態です。物件は古くなっていきますから今後はいろいろと相談して、必要ならば何か手を打とうと思います。

管理体制や借入金に対して、不安に思うことはありますか?

借入金については、銀行に置いておくよりはいいと思っています。ですが、この投資は時間と共にきっちり成長してくれます。可愛い息子をすごく遠いところに一人旅させているようなもので、30年後に大きくなって帰ってこいよと。

実際にオーナーになって苦労されたことはありますか?逆にメリットは何でしょうか?

ローンの返済日にうっかり口座にお金が入っていなかったことがありました。慌てて銀行へ走った記憶があります。苦労というほどでもないですが、今はそれくらいです。メリットについてですが、今の時代、会社に勤めてお給料を貰って……という人生設計では成り立たなくなっています。リスクはありますが、勉強して自分も汗水流せば資産を増やすことはできます。また、アパート経営に明るい方と一緒に進められていることはとても大きいですね。

今後についてですが、アパートを増やしていく、もしくは売却する予定はありますか?

今は一棟と一部屋しかないので、もうちょっと持ちたいという希望はあります。具体的には10棟ほどで、年間収入で1千万円くらいをキャッシュで生み出せるようにしたいです。人生的なことでいうと、歳を重ねれば今ほど体が動きませんから、今のうちから築き上げていかなければと思っています。安泰で不安のない人生を送りたいですね。

今はその土台を作っているということですね。最後になりますが、インベスターズクラウドをオススメするポイントがありましたら教えてください。
また、これからオーナーになる方へ向けて注意点や助言などがあればそちらも教えてください。

まず、若い方が多いということで非常にフットワークが軽いですね。若いわりにすごく勉強しています。質問に対して的確な答えが返ってくるという部分についてもとても評価しています。そこが他の会社とは違うところです。こちらのことを本当に考えてくれているし、気づかないところまで先手を打ってくれていて感謝しています。特に初心者の方にオススメしたいです。アドバイスとしては、不動産投資というものを先入観なしにもう一度、自分の人生にとってプラスなのかマイナスなのかを考えるべきです。先入観だけで判断するのはもったいないと思います。始めたけれどどこの物件を買おうかと考えている方でしたら、まずは自分の土地勘のあるところから始めるべきです、私の場合はそうでしたので。ここだと思うところに惚れ込んで買うのが理想ですね。
オーナーになるわけですから、経営者として譲れないところや信念を持ってやられたらいいと思います。

TATERU 資料請求
TATERU 資料請求