本田圭佑×TATERU スペシャルムービー

15秒 ver.(TVCM)
60秒 ver.(WEB限定MOVIE)
スペシャル・メインキングムービー
本田圭佑 スペシャルインタビュー
—本田さんは、プロ選手として活躍する傍ら、オーストリアに本拠地を置くサッカークラブ「SVホルン」を経営されていますよね。クラブ経営をしようと思ったきっかけなどはあったのでしょうか?
「ものすごく遡ると、幼い頃から、『自分の人生は自分で決めろ』っていう自立性を重んじた教育方針で育ったので、企業精神と言いますか、いつか自分の城を築きたいっていう気持ちは子どもの頃から漠然とありましたね。オーナーへの野望っていうとちょっと大袈裟かもしれないですけど…。子どもの時、サッカーチームのオーナーになるゲームをやってたんですけど、そこで自分のスタジアムを持つ、チームを持つ、応援してくれるファンを満足させるっていうことをすごく楽しんでやっていたんです。好きだったんですよね。そういった感覚を持って育ったので、まさに今はそれをリアル化しているといった感じです」
—少年時代からの感覚なのですね。具体的に今のクラブを設立するにあたっては、どんな想いがあったのでしょうか?
「元々、自分自身がサッカー界に育ててもらったという気持ちがあって、プロになってその想いは日々強くなっていきました。自分が子どもの頃から、たくさんの夢を与えてきてもらったから、『子どもたちに夢を与えたい』という気持ちも芽生え、サッカー界への恩返しの気持ちで、2012年に子どものためのサッカースクールを作ったんです。そして、そこにいる子どもたちが、次どこを目指せばいいかってなった時に、プロのクラブまで作れば、子どもたちの道標になるんじゃないかと思ったんです。そういう考えから、SVホルンの実質的オーナーになりました」
—海外で設立されたというのが、世界で活躍する本田さんならではの発想ですよね。
「そうですね、海外でやることの意味はとても大きく持っていました。誰もやったことのない発想を元に、自分たちでターゲットになる若き選手たちを用意したいということで始めました。彼らの夢を応援しようという気持ちで。自分も経験したからこそ思うんですが、日本人が海外でプレイするって、やっぱり難しい部分もあるんですよね。でも、だからこそ、そういう機会を子どもたちに作りたかったんです」
—海外でクラブを経営するにあたっての美点はどういったことでしょうか? 日本との違いなどありましたら、教えて下さい。
「ヨーロッパのサッカークラブのいいところは、市民とクラブの距離感がすごく近いこと。オランダでプレイしていた頃、家のチャイムが鳴って、郵便物か何かかなってドアを開けたら、子どもたちが10人くらいいたっていうことがあったんですよ。その前は名古屋グランパスでやっていて日本の感覚でいたし、今の日本の距離感でもちょっとありえないんですけど、そういうことが海外だとあり得るんですよね」
—その感覚は確かに日本にはないですね!
「SVホルンでやっていてもそうなんですけど、ファンはグラウンドに入ったりもするんですよ。ものすごくファミリー感があるんですよね。そういう距離感の近さっていうのは、経営などのやりたいことを度外視して、一人の人間としてものすごく望んでいたことだったので、心地よかったですね。僕自身がそういうクラブを作ることができた、そういう場を日本人の若者に体験してもらっているって思うと、まさに本望です。とても嬉しく思っています」
—では、クラブを経営していて、難しいと感じることや、壁になったことはありましたか?
「サッカー選手としてやってきたので、今までの困難は、情熱や、気合いや根性で乗り越えてきました。でも、こと経営になると、当然ながらそれだけでは乗り越えられないですよね。緻密な作業が絶対的に必要ですし、簡単に言ったら数字の管理であったり…。でも、スポーツ選手って、思っているよりも細かいことも得意だったりするんですよ。そもそもプロになるとか、一流選手になるっていうのは緻密な作業の連続なので、それをいかに経営に反映させるかだけだと思うんです。スポーツ選手になりたかった人が、ビジネスの世界で活躍をされていたり、経営者の人が体育会系だったっていうのもよく聞きます。 だから、裏を返せば、プロのスポーツ選手にも、経営のセンスはあると思うんですよね。日本の文化や風潮的に、スポーツ選手がビジネスとは何事?!みたいなムードがあって、それ故の難しさはあるので、選手も表立っては言いませんが、僕はそういう風には思わないですね」
—アパートを経営するっていうのも、一見とても思い切りがいりますが、でも、やってみてよかった、楽しいという方も多いんですよね。
「僕は、経営にチャレンジするってすごく意味のあることだと思います。例えば、経営やってみたいけど数字が苦手っていう人が、悩みを持ちながらも、自分のお金を使ってやってみる。もちろん、リスクはありますが、何もしないことの方がリスクだと僕は思うんです。授業料払うつもりで、自分を成長させるつもりで、リスクは背負ったらいいと思います。自分もそうやってきましたし、これからもリスクを背負ってでも、チャレンジできることはやっていきたいという想いでいます」
—ちょっと余談になりますが、本田さんは住んでみたいお部屋や理想の一人暮らし像などってありましたか?
「こう見えて、引きこもるタイプなので、結構重視しますよ(笑)。書斎は仕事が充実できるよう、必要なものが目に見えて、手に取れてっていう距離感が好きですね。なので、部屋の大きさは結構コンパクトがいいです。スピードと質が大事だと思っているので、アイデアがクリエイトするときに目に見えるところに情報がある方がいいですね」
—建てる前にはデザイナーが考案した内容を元に建設していくので、お客様のニーズに合ったデザインや間取りになるんです。
「それは夢が持てますね!僕がやるなら、いろいろ要望出したいな。15歳から一人暮らしだったので、アパート歴は長いんですよね。スタートは1DKでした。ベッドしかないような部屋で過ごしていたので、今やったらその限られた1DKをどうやってデコレイトするだろうって、こだわりやアイデアも出せそうです。」
—では最後に、実際にオーナーをやって良かったと感じていることや、オーナー業に対して今思うことをお聞かせ下さい。
「今の社会、安泰な場所なんてないって思うんですよね。パフォーマンスを出さなくても、自分が生活していけるっていう保証はどこにもない。その分、自立性ってすごく求められていると思うんです。自立というところでいけば、自分で稼ぐ努力をするっていうのはまさにその第一歩ですよね。僕自身、そういう姿勢を求めているので、TATERUさんは、今の世の中にすごく素晴らしい事を促している企業だと思います。アパート経営をきっかけに日本が元気になればいいし、誰かが新しいことに挑戦をするための起爆剤になってもらえたらなって思います」
Profile
本田 圭佑(ほんだ けいすけ)
1986年6月13日生まれ/大阪府摂津市出身/プロサッカー選手
2014年1月からイタリアの強豪ACミランに所属 日本代表では、中心選手の一人として活躍中。 (2016年12月現在)
本田圭佑オフィシャルWEBサイトKeisuke Honda Official Web Site:http://keisuke-honda.com
タテルについて→タテルについて→